譲る?リサイクル?増え続けるおもちゃどう断捨離?子どもと実践してみました! (page 2)

気づけばどんどん増えている子どものおもちゃ。リサイクルなど断捨離したいけれど、簡単に捨てられないとお悩みのママも多いはず。そこで、おもちゃの断捨離・リサイクルはどう実行したらいいのか、体験談を交えてご紹介していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/04/17 公開 | 717 view

譲る?リサイクル?増え続けるおもちゃどう断捨離?子どもと実践してみました!
モノは言いよう、ではありますが、捨てるものを選ぶのではなく、残すものを選ぶほうが子どもはスムーズに選べます。いくつもある小物などは、残す数を決めて、残すものだけ選んだら、あとはサッと隠して断捨離に回しましょう。

おもちゃを減らせるルールを決めよう!

少し大きなお子さんの場合、ルールを決めることも有効です。
例えば、入れる場所を先に決めて「ここから溢れたら減らす」。量で見えるので子どもも手放しやすくなります。
もっと具体的に、「一つ増やしたら一つ減らす」というのも有効。とりあえず、どんどん増えるということは食い止めることができますね。

いざ!おもちゃの断捨離どう進める?

破棄され山積みされたぬいぐるみ|ぱくたそフリー素材 (115159)

では実際にどのように進めていけばいいのでしょうか。
今回提案したいのは次の3つの方法です。

お下がり・バザーで人に譲る

先ほどもご紹介しましたが、子どもが納得しやすいのがこの方法。誰かに使ってもらえると思うと、おもちゃのためにもいいかなと手放しやすくなりますね。

一工夫して捨てる

捨てるときには見えないよう透明ではない袋に入れるのがおススメ。そのままごみ袋に入っていると「かわいそう」と子どもが思ってしまうことがあるからです。特にぬいぐるみなどは、実際にごみ袋に入れる作業を大人がやってあげるのがおススメです。

リサイクルショップ・フリマアプリで売る

リサイクルショップやフリマアプリなどで使わなくなったおもちゃを売る。モノにもよりますが、一般にフリマアプリで売るほううが高値になりやすいものの、出品・発送などの手間がかかります。量や種類を見極めて販売しましょう。

息子と挑戦☆おもちゃの断捨離リポート

People Man Adult · Free photo on Pixabay (115143)

67 件