医療保険ってどうしておすすめなの?医療保険でいざという時に備えよう!

医療保険は当然のケガや病気の時に私たちを助けてくれる保険です。医療保険は貯蓄が少ない人でもいざという時に守ってくれるのでおすすめの保険です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/14 公開 | 135 view

医療保険ってどうしておすすめなの?医療保険でいざという時に備えよう!

医療保険ってそもそもどんな保険なの?

Free photo: Calculator, Calculation, Insurance - Free Image on Pixabay - 1680905 (35068)

よく保険保険って耳にしますけど、保険にはどんな種類があるかご存知ですか?医療保険や終身保険、生命保険に学資保険…さまざまあって自分はどの保険に入ればいいの?!なんて誰でも頭を抱えたことがあるはずです。

さて、医療保険といえばどんな保険をイメージしますか?医療というのだから病気やケガだということはイメージできますよね。
医療保険(いりょうほけん、Health Insurance)とは、医療機関の受診により発生した医療費について、その一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険である。
高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が圧迫されることを防ぐため、被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められていたり、予め保障範囲が制限されていたりすることが多い。
つまり、医療保険とは病気やケガをしたときに発生する自己負担を少しでも軽くするための保険のことです。大きな病気やケガをするとそれなりにお金がかかるというもの。

また病気やケガはいつ起こるか分からないので、いざという時に備えておくことが大切なのです。月々の保険料は家計に痛いかもしれませんが、いざという時に大きなお金が必要となるので、保険に入っておくと助かるものですよ。

医療保険といえど保障はさまざま

Free photo: Doctor, Medical, Medicine, Health - Free Image on Pixabay - 563428 (35065)

一概に医療保険といっても保障はさまざまです。入院費をいくらか負担してくれるものや、三大疾病にかかったときに大きな保障をしてくれるものまでさまざまです。ではどういった保障があるのでしょうか?

保障内容は保険会社によってさまざま

保障内容は保険会社により異なることが多いです。基本的には入院費や通院費を1日いくらまで保障します、という内容は一緒なんですが、特約など主契約とは異なる保障が保険会社によって違うのです。

保険商品によっては三大疾病を保障してくれるものもあれば、特約として付加しなければいけないもの。オールマイティに保障してくれる保険もあれば、必要最低限の保障のみというものもあります。

保障内容が全て一緒なら保険料の高さのみで決めることになり、保険市場はがたがたに崩れてしまいますよね。だから保険会社によって多少保障内容に差があるのです。

女性特有の病気も保障できる場合も

Free photo: Girl, Person, Human, Female, Face - Free Image on Pixabay - 1107788 (35855)

女性に起こる病気として子宮頸がんや子宮筋腫、卵巣嚢腫などの特有のものがありますよね。それを保障してくれる保険もさまざまに登場してきています。病気はいつかかるか分からないといわれいますが、まさにその通りだと思います。

私も現場で仕事をしていた時に過度のストレスから卵巣嚢腫が見つかり手術しました。原因はストレスだけではないにしろ、その頃保険に入っていなかった私には大きな出費となりました。

今では女性専用の医療保険も増えてきているため、こういった女性特有の病気に対しても備えやすくなっています。

特約付加で保障をさらにアップできる

中にはオールマイティに備えることができる保険も多数ありますが、最低限の保障に対し自分にとって必要な特約を付加して自分なりの保険プランを立てることも可能です。

保障が厚い保険はいざという時にすごく役に立ちますが、その分保険料が割高になりがちです。保障が最低限しかないと、いざ病気やケガをしたときに対象外の場合もあります。保険選びはきちんと保障内容まで気を付けていないと、思わぬ落とし穴にはまってしまうので注意が必要です。
46 件