【永久保存版】年末調整で損をしないために!書き方や注意点などの完全マニュアル!

保険会社からは「生命保険料控除証明書」が届いたりと、もうすぐ年末調整のシーズンになります。給与受給者ならば毎年行っている年末調整。しかし、年末調整とは具体的に何をしているのかきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか?年末調整で、控除や申請の内容など見落としがあると、税金で損をしてしまうこともあるんです。年末調整の仕組みを正しく理解して、スマートに済ませられるように、ここでは年末調整の書き方や損しないためのポイントなどをご紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/31 公開 | 607 view

【永久保存版】年末調整で損をしないために!書き方や注意点などの完全マニュアル!

毎年耳にする年末調整の意味!きちんと理解出来てますか!?

 (81832)

毎年年末が近くなると必ず耳にするワード「年末調整」。

やらなくてはいけないものだから、何となく言われるがままに書類を書き、会社に提出しているだけの方も多いのではないでしょうか。

年末調整は、きちんと理解していないと損してしまうこともあるんです。
給与所得者は給与明細をよく見てください。
毎月の給与から必ず引かれている所得税、この1年間源泉徴収された所得税と、その人が1年間に収めるべき所得税の額は必ずしも一致するものではないんです。

その人が本来収めるべき所得税を計算して、その差額を還付、または徴収することを年末調整と言います。

パートもバイトも派遣社員も対象です

 (81836)

年末調整の対象となる人は、基本的に給与を貰っている全ての人です。
そのため会社員だけではなく、パートやアルバイト、派遣社員も給与をもらっている以上年末調整をしなくてはなりません。

年末調整の扶養家族控除、配偶者特別控除、生命保険控除とは?

 (81837)

年末調整では、様々な控除が差し引かれて所得税が計算されます。
扶養家族控除や生命保険控除などの書類がきちんと記載されていないと、受けるべき控除が漏れてしまい、税金が高くなってしまい損をしてしまう場合もあるので注意が必要です。

控除が多ければ多いほど、所得税を安く抑えられるため特をします。
それぞれの書類に申告漏れがないか、しっかり確認しておきましょう。

扶養控除とは

 (81838)

扶養控除等申告書は、配偶者控除や扶養控除に必要となる書類です。
配偶者控除や扶養控除は、配偶者や子供など、生活の面倒を見なければならない家族が多いと、生活費で生活が大変になります。

そのことを想定し、所得が控除されて所得税の負担が少なくなるという大変嬉しい制度です。

例えば、奥さんの所得が一定以下(103万円以下)であれば、夫は所得控除を受けることが可能で、所得税の負担が減ります。
よく言う103万円の壁とはこのことですね。

これらの控除を受けるために、きちんと扶養控除等申告書の提出をするようにしましょう。
以下に扶養家族控除等申告書の書き方の動画を載せておきますので参考になさってください。
57 件