菜の花の苦みをおさえるおすすめレシピ12選!子どもと一緒に旬の味を楽しもう♪

菜の花は春を告げる代表選手とも言える野菜。 旬の時期も短いので、春になったらぜひ味わいたい野菜です。 せっかくの旬の味なので、子どもにも味わってみてもらいたいですよね。 ですが、菜の花の独特の苦みは大人でも苦手という方が少なくありません。 栄養も豊富な旬の菜の花を子どもやパパに食べてもらいたい。そう悩んでいるママは必見! この記事では、菜の花の苦みをおさえる下ごしらえから、菜の花の苦みをおさえてぐっと食べやすくしてくれる、簡単で彩りもきれいなおすすめレシピ12選をご紹介。 下ごしらえや、食材、調理法を上手に組み合わせたレシピで苦みを克服! レシピ次第で驚くほど食べやすくなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/01/25 公開 | 138 view

菜の花の苦みをおさえるおすすめレシピ12選!子どもと一緒に旬の味を楽しもう♪

菜の花の苦みをおさえるレシピってどんなもの?

 (139005)

菜の花は春を告げる野菜の定番です。見た目も愛らしく、カロテンやビタミンなど栄養も豊富。
せっかくの旬の味ですから子どもにも食べてほしいですが、独特の苦みが苦手というお子さんも多いですよね。そんな菜の花を食べやすくしてくれるレシピとはどんなものか、ご紹介していきます。

菜の花の苦み対策に3つのポイント!

 (138996)

①下ごしらえがカギ!

せっかくの旬の春野菜ですから、おひたしや和え物でシンプルに味わってほしい…そんなママも多いですよね。苦み対策には、しっかりとした下ごしらえがカギ。ひと手間でぐっと食べやすくなりますよ。
☆菜の花の下ごしらえのコツ☆
菜の花は、きちんと下茹でをするのがポイント。
お湯に、和からしをお湯が白く濁るまで加え、も加えて茹でる。
(さらに苦みを除きたい場合は、を加えても◎)

※根元の太い部分は1分半~2分、つぼみ部分は30~40秒程度がおススメ。(つぼみ部分は茹ですぎ注意!) 
  切り分けて、時間差でお湯に入れると失敗しにくいです。

②油と組み合わせる

菜の花は油ととても相性のいい食材です。油でコーティングすることで、苦みが緩和されて食べやすくなります。それだけでなく、栄養面でもうれしい組み合わせ。菜の花に豊富に含まれているカロテンの吸収率がアップして、効率的に栄養を摂ることができますよ。

③卵と組み合わせる

鉄板技☆卵との組み合わせです。風味の強い野菜でも、卵と組み合わせることでぐっと食べやすくなります。卵とじや、卵を加えたスープなど、調理方法が豊富なのもうれしいですね。

①下ごしらえがカギ!【おひたし&和え物】

48 件