「妊娠をしたら産婦人科」を決めよう!大事な命どんな所に任せる?

妊娠がわかったらまず産婦人科に行かなければなりません。その産婦人科を適当に決めたり、近場だからと言う理由で決めていませんか?あなたに合った産婦人科の選び方を紹介します。また里帰り出産の際に必要なものや、個人病院と総合病院の違いもご説明します。 自分に合った産婦人科を見つけ楽しいマタニティーライフ・入院生活を送れるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/14 公開 | 403 view

「妊娠をしたら産婦人科」を決めよう!大事な命どんな所に任せる?

出産に「産婦人科」は絶対必要です

Free photo: Baby, Birth, Healthy Baby, Child - Free Image on Pixabay - 1531057 (18466)

なぜ産婦人科が必要なのか?
日本の帝王切開率は2011年のデータで19.2%となっています。
約5人に1人が帝王切開により出産しています。
もし帝王切開が必要になったとき、子供の命が危なくなった時、破水から始まった際には感染症にかかるリスクが高まります。
産婦人科に行かなくてお子さんの命共にご自身の命を守ることが出来ますか?
出産は命がけです。安産で産める方もたくさんいます。その一方で子供さんが危なくなったり、ご自身が危なくなる方もたくさんいます。
子供さんの命を守るだけでなくご自身を守る為にも産婦人科は絶対に必要です。

「妊娠確認した病院」で産まなきゃダメ?

 (18470)

妊娠を確認した病院で産まなきゃダメなのか?
いいえそんなことはありません。必ずしも妊娠を確認した産婦人科で産まなければならないことはなく病院も自分で決めることが出来ます。
ただし人気のある産婦人科だと早めに分娩予約をしなければ予約が取れないところもあります。
産婦人科を変えたい方や里帰り出産をする方は早めに病院を決め早めに分娩予約をすることをおすすめします。
産婦人科を選ぶ際のポイント、自分に合った産婦人科の選び方を紹介しますので楽しいマタニティーライフを送りましょう。

産婦人科の選び方は?

Free photo: Doctor, Medical, Medicine, Health - Free Image on Pixabay - 563428 (19448)

その中でも多く希望される方が多いものをご紹介します。
医師や助産婦人科を選ぶ際のポイントたくさんあります。
1. 産師との相性
医師や助産師との相性が悪いと検診・出産で不安になること嫌なことがあるかもしれません。
2. 家からの距離や通いやすさ
陣痛は突然来ますのであまり遠いと間に合わなくなる可能性もあります。
3. 母児同室
産後すぐから同室できる病院もあります。
5. 入院室のタイプ
個室と大部屋があり追加料金が個室にはかかるところもあります。
私の通っていた病院は個室しかありませんでした。
6. 出産スタイル
普通分娩・無痛分娩・水中分娩等
7. 立ち会い出産
旦那様を立会させたい方も多くいると思います。
私は立ち会いでしたが旦那がいてくれたからこそ頑張れ感動もその分大きかったです。

このポイントでどこを一番重視するのか、その産婦人科は重視するポイントを押さえることが出来ているかを考え出産後の退院生活や検診時に嫌な思いをせず楽しく過ごせるところを選びましょう。
下の口コミサイトにはたくさんの病院が乗っているのでこちらで検索してみてはどうでしょうか。

「里帰り出産」の時はどうするの?

 (19450)

分娩の予約をする際、一度健診に行かなくていけないという条件があることがほとんどです。実家に帰る時期は、妊娠30~35週が目安になります。(病院により異なります。)
里帰り出産を考えている場合には早めに産婦人科を決め分娩予約をしておきましょう。
行っていた病院からの招待状がもらえますので新しくいく産婦人科に持っていきましょう。
私の行っていた産婦人科で持っていかなければならい物は
・母子手帳
・保険証
・紹介状
・検査データ
・12週頃までのエコー写真
・産科医療補償制度登録証控え(登録がお済の場合)
になります。参考にされてください。

「個人病院」「総合病院」の違いは?

 (19451)

31 件

この記事を書いたキュレーター