日焼け後のケアは未来のお肌への投資!ケアのポイントとおすすめアイテム6選をご紹介!

紫外線の強い夏。しっかり紫外線対策をしていても、うっかり日焼けをしてしまうこともありますよね。日焼けをしてしまった後はケアが大切!日焼け後のケアがお肌の未来を左右します。では、日焼け後のケアって何をすればいいのでしょうか。今回は日焼けについての説明とケアのポイント、そして日焼け後のケアにぴったりなおすすめアイテムをご紹介します。ケアのポイントを押さえておくことで、日焼けをしてしまった後も慌てずに済みますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/05/27 公開 | 82 view

日焼け後のケアは未来のお肌への投資!ケアのポイントとおすすめアイテム6選をご紹介!

日焼けは実はとても怖い!日焼け後のケアが重要!

炎天下の海辺にいる女性 - No: 3495957|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (177091)

そもそも「日焼け」とは?

「日焼け」というとそこまで大げさには感じないかもしれませんが、実は「軽度のやけど」の状態のことなのをご存知でしょうか?日焼けをすると、人によっては赤く腫れてしまったりヒリヒリと痛みを感じることもあると思います。これは、紫外線による皮膚細胞の破壊によって引き起こされます。

日焼けをしたら数年後の肌に要注意

日焼けは、ケアを怠るとシミやたるみ、シワの原因となります。これは紫外線(UVA波)によって引き起こされる症状で、日焼け後すぐには目立った変化は見られませんが、肌の奥深くへ入り込んだ紫外線が年月をかけて悪さをするのです。

私も小中学校と水泳部に所属していましたが、当時は真っ黒に日焼けをしたとしても肌にそこまで大きな悪影響はなかったのですが、今は悲しいことに多数のシミができてしまっています。当時、もう少ししっかりとケアをしていれば変わったかもしれないと悔やまれるばかりです。

夏以外にも日焼けに注意

「日焼け」と聞くと、主に暑い夏を想像する方が多いと思いますが、実は1年中注意する必要があります。まだ夏本番とは言えない5月の紫外線は、1年のうちで一番量が多いとも言われています。また、真冬である冬もスキー場などへ行くと一般的に「雪焼け」と言われる状態になってしまうこともありますよね。これも日焼けの一種です。
夏以外のお出かけや、洗濯物を干すといった家事の際はついつい対策も怠ってしまいますが、対策と合わせて日焼けをしてしまったらその後のケアも重要です。

日焼け後のケアのポイント①冷やす

 (177100)

先述したように、日焼けは軽度のやけど状態です。では、日焼けをしてしまったらどのようなケアが重要となってくるのでしょうか。

日焼後のケアとして一番初めに行うべきなのが「冷やす」ことです。一般的なやけどの場合も、すぐに患部を流水や氷で冷やしますよね。それと同じように、日焼けをしてしまったらなるべく早く冷やすことが大切です。なるべく早ければ早いほど、その後のケアも楽になります。

冷やすケアにも、

・体の外側から冷やすケア
・体の内側から冷やすケア


と、2種類のケアがあります。

◎体の外側から冷やすケア
家に帰ったらまずは冷たいシャワーや冷水で日焼け部を冷やしましょう。この時注意したいのが、シャワーなどで勢いよく水をかけてしまうことは絶対に避けてください。日焼けをした部分は炎症を起こしているのでシャワーの水圧でも刺激になってしまいます。痛みが強い場合は、冷たい水を含ませたタオル等を当てて冷やしてみてくださいね。
その後は氷や冷却スプレー等を使用し、腫れや火照りがなくなるまで様子を見てください。

◎体の内側から冷やすケア
日焼けをすると、体の外側からはもちろん、内側からも多くの水分が失われています。日焼けによる脱水症状を防ぐためにも、日焼け後の水分補給はとても大切。日焼けをした後はいつも以上に意識をして水分補給をしてください。体の水分量が上がることで、肌の保湿効果もアップしますよ。

日焼け後の"冷やすケア"のおすすめアイテム

冷凍庫に入れて冷やして使う保冷剤です。意外とうっかりと日焼けをしてしまうのが、うなじですよね。こちらのひんやりジェル凍らせてもカチカチにならず柔らかいタイプなので、枕のように首の下に敷いてしっかりと冷やすことができますよ。日焼け後のケア以外にも寝苦しい夏や、発熱の際の氷枕としても快適に使えます。
39 件