離乳食はいつからいつまで?月齢別オススメレシピと便利ストック♡

生後半年を過ぎるといよいよ離乳食が始まります。育児書やインターネットサイトを見回っては、気をつける事の多さに困惑しているママも多いはず。今回はこの記事を読めば離乳食期間の流れが一通り分かる様にまとめました。ご飯を一緒に食べられる日を目指して、「食育」の日々の始まりです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/11/30 公開 | 841 view

離乳食はいつからいつまで?月齢別オススメレシピと便利ストック♡

離乳食のスケジュールを学ぼう!

離乳食ガイド ベビーダノン| ダノンのヨーグルトサイト (7277)

ゴックン期:5~6ヶ月
モグモグ期:7~8ヶ月
カミカミ期:9~11ヶ月
パクパク期:12ヶ月~
離乳食の進め方 | 離乳食の進め方なら和光堂わこちゃんカフェ (7274)

離乳食は大体生後5ヶ月~6ヶ月頃から始まります。その後成長に合わせて食べられるものが変化し、1歳を過ぎた頃から段々と大人と同じ様なものが食べられる様になります。月齢の目安は上の通りで大きく分けて4つの期間に分かれていますが、あくまでも目安なので食べないからといって焦らずに、赤ちゃんの様子を見ながら量や作り方を変えていきましょう。
では、各期間にどの様な食事を作れば良いのか詳しく見ていきましょう!

【ゴックン期】生後5~6ヶ月

ヨーグルトくらいの固さ

ヨーグルトくらいの固さ

10倍粥を1さじからスタート!
その他も1さじずつ増やしていく
離乳食が始まったばかりの赤ちゃんは食べ物をゴックンと飲み込むことしか出来ません。歯はほとんどの子が生えておらず消化器官も強くない為、全てをペースト状にして飲み物と同じ様に飲み込める状態にしましょう。
離乳食の回数は、最初は1日1回。量は1さじからスタートし、ゆっくりと増やしていきます。1ヶ月ほどして慣れてきたら、回数も2回に増やしてみます。味付けはいりません。この時期の離乳食は栄養を取るというよりも食べ物に慣れさせる為の期間なので、栄養分になるおっぱいやミルクはほしがるだけあげて大丈夫です。離乳食初期について詳しくは同サイトの以下の記事も参考にしてみてください。

【モグモグ期】生後7~8ヶ月

舌で潰せる豆腐くらいの固さ

舌で潰せる豆腐くらいの固さ

ご飯:7倍粥~5倍粥 50~80g
野菜:20〜30g
白身魚:10〜15g
咀嚼能力や下を動かす能力が上がり、歯が生え始める子もいます。柔らかいものなら上あごに押し付けてつぶして食べられるようになるので、ゴックン期よりも食べ物の裏ごしは少しだけ荒くします。

味付けは、したとしても砂糖や塩がほんの少し。普段は素材の味を楽しませるために味付けをせず、なかなか食べない時には出汁などの旨味をプラスしてあげると食べる様になるかもしれません。鶏のささみや赤身の魚、きのこなどが食べられるように。後半には、全卵の卵1/2がOKになります。
おっぱいやミルクは1日3回程度です。なるべく、1回の食事でご飯5:野菜類3:肉・魚類2の割合でバランスよく与える事を心がけましょう。

【カミカミ期】生後9~11ヶ月

41 件