「ニンジン離乳食」は栄養満点♪「キャロットテク」を極めよう!

離乳食の定番食材のひとつでもあるにんじんですが、活用していますか?離乳食の中ににんじんが入ると、彩りもよくなる上、赤ちゃんの体に嬉しい栄養も満点なのです。なにげに離乳食に使っているママも、もう一度にんじんの良さを再確認してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/05 公開 | 553 view

「ニンジン離乳食」は栄養満点♪「キャロットテク」を極めよう!

ニンジンには「免疫力」を高める効果がある

Free photo: Carrots, Basket, Vegetables, Market - Free Image on Pixabay - 673184 (15222)

にんじんにはβカロテンという栄養素が豊富に含まれています。βカロテンは皮膚や目・鼻・のどの粘膜を正常に保つ働きがありウイルスや細菌から体を守る免疫力が高まる作用が期待できます。

赤ちゃんは大人に比べて免疫力が低く、寒い時期などはお出かけするとすぐに風邪をもらってきてしまいますよね。また、乾燥やほこりなどの刺激にも敏感に反応し、気が付けば鼻水をいつも垂らしている…なんてことも良くあります。

何かと体調を崩しやすい時期には栄養のバランスの良い離乳食メニューを意識しつつ、にんじんも積極的にとって免疫力のサポートをしてあげたいですね。

ニンジンは「離乳食初期」から「後期まで」使える♪

離乳食☆にんじんチャーハン レシピ・作り方 by mht-isz|楽天レシピ (15233)

にんじんは離乳食初期から使える食材のひとつで、はじめてのおかゆに慣れた次のステップとして、すりおろしたにんじんをあげるママも多いのではないでしょうか?

加熱しても煮崩れすることが少ないので、切り方や加熱時間を調整することで固さに変化をつけることが簡単にでき、離乳食中期・後期・完了期などのステップアップの際にも利用しやすい食材ともいえます。

ニンジンには「栄養」が沢山含まれている

「離乳食」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (15236)

「緑黄色野菜の王様」ともいわれるにんじんは、先述のβカロテンの他にも、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分、カルシウムなどが含まれています。豊富な栄養素の中でも、特に離乳食期の赤ちゃんに良い作用がある栄養素が「ペクチン」です。

離乳食中の赤ちゃんは段階的に食事の内容を変えながら進めるため、慣れない食材や固さに腸内環境のバランスが崩れて便秘や下痢になることもあります。食物繊維であるペクチンは体内に吸収されると、善玉菌を増やし腸内環境を整える作用があるため、そんな不安定な赤ちゃんのお腹のサポートも期待できます。

「成長」に合わせた「下ごしらえ」をしよう

こどもが喜ぶHAPPYごはん®-肉巻きジューシーいちご | 冷凍食品・冷凍野菜はニチレイフーズ (15250)

実際に離乳食ににんじんを取り入れる場合、初期・中期・後期・完了期と段階的にカットする大きさや固さなどを変えていく必要があります。赤ちゃんの食べる力をサポートしてあげられるよう、適切な下ごしらえができるようチェックしていきましょう。

大きさの調節は加熱してから

人参のゆで方やゆで時間はどれくらい?臭いの原因や取り方は? | 健康♡料理♡美容♡恋愛 (15252)

まず最初に水でにんじんを良く洗い流します。次に皮をむくのですが、にんじんの栄養は皮の付近に多くあるため、できるだけ皮を薄くむくようにしましょう。

皮がむけたら、適度な大きさに切って茹でたり電子レンジなどで柔らかくなるまで加熱をします。特に電子レンジを使用した調理は加熱のしすぎで固くなることがあるので注意をしましょう。離乳食各期に合わせた大きさの調節は加熱が済んでからにします。

その中でも先輩ママたちが口コミでオススメする加熱方法は「炊飯器」です。皮をむいて適度な大きさにカットしたにんじんをラップにくるみ、ご飯を炊くときに一緒に炊飯器に入れるだけです。お湯を沸かしたりする手間もなく、柔らかくて甘みも強くなると人気の方法です。
55 件