保険の見直し♪赤ちゃんが生まれたら万が一に備えるため保険の加入・見直しを考えよう!

保険っていまいちどれに入ればいいのかわからない、独身の時は、保険なんてそこまで考えていなかったという人も多いと思います。 結婚して家庭を持ち、赤ちゃんが生まれたらやっぱり保険は必要? もう保険に入っているから大丈夫というあなたも保険の見直しを考えてみてはどうですか? 万が一の時のために保険の加入と保険の見直しをしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/17 公開 | 171 view

保険の見直し♪赤ちゃんが生まれたら万が一に備えるため保険の加入・見直しを考えよう!

万が一に備えて知っておきたい保険の見直し♡

 (73015)

独身の時は、保険に入っていなかったり、保険についてそれほど興味がなく、なんとなくしか保険のことを知らないという人も多いと思います。
しかし、赤ちゃんが生まれるとこれから家族でどんな生活を送っていこうか、将来について考える機会が増えるとのではないでしょうか?
将来のためにも実現したい夢のためにも考えておきたいのが夢を妨げる突然のアクシデント!
家族で実現したい夢をたくさん持っていると思いますが、夢の実現を叶える一方で、予想もしないような突然のアクシデントが家族を襲うことがあるということを知っておく必要があります。

★家族の夢とは何ですか?

家族の夢は、その家族ごとに違うと思います。
しかし、一番みなさんが頭に浮かぶ夢は、やはりマイホームの購入ではないでしょうか?
将来マイホームを購入したいと考えている人も多いはず。
高額な買い物なので、まとまった頭金が必要になってきます。
そして、家族で年に1回旅行へ行きたいなと考えている人もいるのではないでしょうか?
家族旅行は、いろんなところへ行って思い出を作るのに大切なものですね。
今年はどこへ行こうか?と家族で考えるのも楽しくワクワクしますね。
子どもが大きくなってくると教育資金にも負担が大きくなってきます。
このような夢のためには、計画的にお金を準備していかなければなりません。

★考えられる家族のリスク

考えられる家族へのリスクとは、一体どのようなことでしょうか?
まず一つ目は、病気やケガをしてしまうこと。
病気やケガで長く入院することになった時、医療費がかさむうえに、収入も減ってしまいます。
二つ目は、夫や妻が亡くなること。
家計を支える夫に万が一のことがあった場合は、突然収入が途絶えてしまい、妻も同様、生活が一変します。
三つ目は、がんや病気で長期の入院になること。
がんにかかってしまうと治療は、長期にわたる可能性が高いです。
そして、症状によっては、高額な医療費が必要になる場合もあります。
四つ目は、倒産やリストラされて失業してしまうこと。
会社員の場合は、失業してしまうと収入が激減します。
自営業で倒産した場合もその日から収入が途絶えます。

保険を見直して万が一のトラブルに備えよう♪

 (73023)

家族の夢を実現させるには、貯蓄で準備しましょう。
夢には、貯蓄で備えられるけど、突然のアクシデントやリスクには、貯蓄では備えられません。
突然の病気がわか治療費が何百万もかかってしまうこともあります。
夢の実現のためには、目標を決めてそこに向かってコツコツお金を貯めていくことができます。
でも、突然の病気や入院、死亡など、不測の事態はいつやってくるか誰にもわかりません。
そのために備えるのが保険の役割です。
保険は、万が一のことが起こったときには、加入直後にお金が受け取れます。
手持ちの貯金が少ない人ほど、家族のためにも必要最低限の保険が頼りになります。
独身時代に保険の必要性を感じなかった人も多いでしょう。
しかし、このようなトラブルや赤ちゃんが生まれたり、家庭を持つと、その子が成人するまでは親や周囲の人が守ってあげる必要があります。
万が一のことがあったときの家族を守るための備えが必要になるので保険の加入・保険の見直しを考えましょう!

それぞれのリスクに対応した保険の種類♡

 (73080)

保険には、それぞれのリスクに対応した3つの種類があります。
万が一の時に残された家族を守る死亡保障。
病気やケガで入院した時の出費に備える医療保障。
将来の大きな出費の準備をする貯蓄型保障。
それぞれの保障についてお話ししましょう。

★死亡保障

赤ちゃんが生まれたら、万が一の時に残された家族が困らないように生活費や教育費を確保しておく必要があります。
そんなときのリスクに備えるのが、死亡保険。
子どもが成人するまではある程度高い保障額を確保しておく必要があります。
死亡保険には、掛け捨てで一定期間保障の定期保険、収入保障保険と貯蓄性があり、一生涯保障の終身保険があります。
保険料が安いのは、掛け捨てタイプになります。
定期保険は、10年や20年など一定期間の死亡保障額が同じ金額の死亡保険。
収入保障保険は、加入時の死亡保障額がもっとも高く、徐々に減少していくので保険料が割安。
保険金は月払いなど年金方式で受け取れます。
終身保険は、同じ金額の死亡保障が一生涯続くタイプ。
解約してしまうと返戻金が受け取れる貯蓄性がありますが、その分保険料が高めになっています。
33 件

この記事を書いたキュレーター