意外と多い出産内祝いに関するマナー違反!正しい知識で相手に喜ばれるギフトを贈ろう!

赤ちゃんが産れると待ったなしの育児が始まりますが、忘れてはいけないのが出産内祝いです。なれない赤ちゃんのお世話の中準備する出産内祝い、気づかないうちにマナー違反を行い相手に不快な思いをさせている人も少なくありません。そこで出産内祝いに関する3つの正しいマナーを始め、実際受け取った人が体験したマナー違反などをまとめました。さらに貰って困ったものワースト3や出産内祝いに人気のおすすめギフト3選も合わせて紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/24 公開 | 98 view

意外と多い出産内祝いに関するマナー違反!正しい知識で相手に喜ばれるギフトを贈ろう!

出産内祝いって一体何?

 (151911)

出産内祝いって一体なんだか知っていますか?もともとは出産というめでたい出来事を身内や親しい友人たちと分かち合うという意味で、出産内祝いが贈られていました。でも今は出産祝いをもらったお返しの意味合いが強くなってきているのです。そのため多くの人が「出産内祝い=出産祝いのお返し」と、とらえています。
 (151914)

出産内祝いに関する3つのマナー!

出産内祝いは外してはいけない3つのマナーがあるので、詳しく見ていきましょう。

1.生後1~2ヶ月の間に贈る

出産内祝いはお宮参りを行った後の生後1ヶ月をめどに贈り始めるのが一般的です。遅くとも生後2ヶ月までには贈るようにしましょう。あまり早く贈っても失礼に当たるうえ、まだ出産祝いが届くこともあるため注意してください。

また産後のひだちが悪いなど何らかの理由で贈るのが遅れるときは、必ず贈るものと一緒にお詫びの手紙を入れることを忘れずに行いましょう。

2.お返しは半返しが基本

いくらくらいのものを返すかも重要なポイントです。基本は頂いたお祝いの半返しが基本になります。ただしあまりにも高価なものを頂いたときは、3分の1程度のお返しを贈っても問題ありません。

3.必ず熨斗(のし)を付ける

これは内祝い一般的に言えることですが、必ず熨斗を付けるのもマナーです。水引は何度繰り返しても良いので「紅白の蝶結び」を選びます。表書き(水引の上に書く文字)は、「内祝」と書きます。

水引の下に名前を入れるのですが、ここは赤ちゃんの名前を入れてください。その際誰にでもわかるよう、ふりがなを振るのを忘れないようにしましょう。

みんなが体験した出産内祝いに関するマナー違反は?

Child The Little Girl Anger Bad - Free photo on Pixabay (151908)

出産内祝いのマナー違反、経験したことがある人も意外と多いです。ではどんなマナー違反を体験したのか、詳しく見ていきましょう。
46 件