簡単でおしゃれなサンドイッチのお弁当♡ベチャっとしない詰め方やおいしいレシピをご紹介!

お弁当といえばごはんというイメージが強いですが、たまには気分を変えて、お弁当にサンドイッチを持って行ってみませんか?サンドイッチのお弁当は具材を変えるだけで見た目も華やかになりますし、なんといっても作るのが楽なんです♪今回はサンドイッチのお弁当を上手に詰めるコツや、簡単で美味しいレシピ、前日から作り置きをしてもいいの?といった疑問まで、色々調べてみました!是非ご覧ください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/02 公開 | 14255 view

簡単でおしゃれなサンドイッチのお弁当♡ベチャっとしない詰め方やおいしいレシピをご紹介!

基本的なサンドイッチの作り方をマスターしよう!

Free photo: Sandwich, Toast, Food, Breakfast - Free Image on Pixabay - 2301387 (70919)

サンドイッチなんて、パンに野菜やハムなんかをはさめば終わりでしょ?と思ったら大間違い!
実はサンドイッチの作り方には様々なポイントが隠れているんです♪

このポイントさえ忠実に守れば、今まで食べていた自家製サンドイッチの味や見た目がワンランクアップすること間違いなしです♪

お家のサンドイッチがいまいち・・・という方は、まず基本のサンドイッチの作り方をおさえてみましょう♪

ポイント①野菜の水分を取ろう!

Free photo: Tomato, Red, Salad, Food, Fresh - Free Image on Pixabay - 769999 (70925)

サンドイッチの具として欠かせないのが、レタス・キュウリ・トマトといった生野菜ですよね!
しかしこの生野菜を使う時に十分気を付けてほしいのが、「水分」です。

野菜を洗った後は、サラダスピナーで水分を十分に飛ばしたり、キッチンペーパーでしっかり野菜の水分を取ってあげるようにしましょう。

ちなみに!野菜の中でも沢山水分が出やすいトマトは、カットした後、断面に塩コショウをしておきましょう。

こうすることで余分な水分が出ていくと共に、トマトのうまみがギュッと凝縮されるので、トマトサンドがよりおいしくなりますよ♡

ポイント②レタスはちぎらない!

Free photo: Caterpillar, Green, Insect - Free Image on Pixabay - 991530 (70926)

これはちょっと意外なポイントですよね!

でもレタスをちぎらずサンドイッチに挟むだなんて、どうしたらいいの?と思いますよね。

実はレタスをサンドイッチに挟む際は、1枚の大きなレタスをパンのサイズに折り畳んで挟むんです♪
軽く折りたたんだレタスは最後に上から優しく抑えてあげれば開くことがないので、そのままサンドしてしまいましょう♪

どうしてレタスをちぎらずサンドした方がいいのかというと、レタスをちぎってサンドイッチに挟んでしまうと、ボリュームが出ないので見た目が貧相になってしまいますし、食べる時にボロボロこぼれやすくなってしまうからなんです。

こうして1枚のレタスを折りたたんでサンドしてしまえば、食べる時にこぼれ落ちる心配もありませんし、見た目もふんわり華やかになりますよ☆

ポイント③パンには必ずバターを塗ろう!

Free photo: Breakfast, Bread, Butter - Free Image on Pixabay - 1242529 (70931)

サンドイッチに具材を挟む際、パンの表面にバターを塗るという工程があるのですが、実はこれ味付けの為に行っているんじゃないんです!

バターは油分なので、具材から出てくる水分やソースをパンに浸透させない力があるんです。
なので、パンにバターを薄く塗っておけば、パンが水っぽくなることなく美味しく食べられますよ♪

ちなみに使用するバターですが、無塩バターを使えば具材の味をより引き立てることができるので、オススメです☆

サンドイッチをお弁当箱へ上手に詰めるポイント☆

 (70949)

サンドイッチをお弁当箱に詰める際、ついついやってしまいがちなのが、サンドイッチが寄らないよう、ぎゅうぎゅう詰めにしてしまうことですよね。

確かにこうして隙間なく詰めてしまえばサンドイッチがバラバラに崩れてしまうことはありません。

しかし食べやすさや見た目はどうでしょう?

ぎゅうぎゅうに詰められたサンドイッチはやはり取り出すのが難しいですし、見た目からしてもぺちゃんこに潰れたサンドイッチはあまりおいしそうには見えませんよね。

ではどのように詰めるのが正解なのでしょうか?
69 件