ボジョレーヌーボーとは?一緒に食べたいおすすめスイーツ3選!日頃忙しいママにご褒美を♡

「ボジョレーヌーボー」とは何か説明できますか?毎年秋になるとスーパーやテレビCMで「ボジョレーヌーボー」という文字を見かけますよね。ボジョレーヌーボーは、毎年11月の第3木曜日に解禁されるワインのことです。今回はボジョレーヌーボーとは何かをわかりやすくご説明します。また、ボジョレーヌーボーに合うおすすめスイーツを合わせてご紹介します。育児や家事で忙しいママのご褒美として、おいしいスイーツとともにボジョレーヌーボーを楽しんでくださいね♪また、お酒に弱いママ向けにボジョレーヌーボーを使ったカクテルもご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/08/26 公開 | 504 view

ボジョレーヌーボーとは?一緒に食べたいおすすめスイーツ3選!日頃忙しいママにご褒美を♡

ボジョレーヌーボーを知っていますか?

 (84739)

「ボジョレーヌーボー」と1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
ボジョレーヌーボーの時期になると、スーパーなどのお酒売り場にワインがたくさん陳列されている光景を思い浮かべると思います。

ワインなので日本ではなく、海外の文化、イベントだとなんとなく感じている方もいるとは思いますが、詳しくボジョレーヌーボーがなにか説明できますか?

今回は、ボジョレーヌーボーがどんなものかご説明したいと思います。
脱「なんとなく知っている」をして、ボジョレーヌーボーを楽しんでくださいね♪

ボジョレーヌーボーとはいつのこと?

 (84740)

ボジョレーヌーボーですが、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地域で収穫された黒ブドウ「ガメ種」を使って作られたワインです。
また「ヌーボー」は「新酒」という意味があり、ボジョレー地域で出来た新しいお酒ということになります。

ボジョレーヌーボーは、フランスのワインに関する法律で、「11月の第3木曜日」と決まっています。
もともとボジョレーヌーボーの解禁日は、なかったそうですが酒屋が前倒しでワインを販売し、質が落ちて行ってしまったのでフランス政府が解禁日を決めたようです。

最初に11月11日、次に11月15日と決められていましたが、フランスの多くのお店が日曜日が定休日ということもあり、「11月の第3木曜日」になったようです。

今では、この日を迎えるまで、ボジョレーヌーボーを飲むことも売ることもフランスの法律で禁止されています。

ちなみに、この記事を書いている2017年は11月16日がボジョレーヌーボーの解禁日となります。

ボジョレーヌーボーとはその年のブドウの出来を知る!

 (84741)

様々な外国の文化を取り入れて楽しむ日本人ですが、ボジョレーヌーボーも例外ではないと思います。

ボジョレーヌーボーは、「その年に初めて収穫したブドウを使って作った新酒」なので、飲んだことがある方は「あまりおいしくない」と感じたことがあるかもしれません。

ワインは長年寝かせるとおいしくなると言われています。
お酒売り場によく行く方やワイン通の方なら年代が古いほどワインの価格が高いことを知っていると思います。

しかしボジョレヌーボーは、そのような年代物のワインとは製法が違います。
ボジョレーヌーボーは、ボジョレー地域で黒ブドウのガイ種を使い、「マセラシオン・カルボニック法」で作られたものと決められています。

マセラシオン・カルボニック法は、炭酸ガス浸潤法とも言いブドウが積み重なった重みで出てきた果汁を使います。
果汁が発酵する過程で炭酸ガスが発生し、その発生した炭酸ガスの中で醸造されていくので、ブドウの色素が濃く出ます。

渋みの原因であるタンニンが、ブドウの酵素によって感じにくくなり、フレッシュ且つまろやか差が特徴のワインが出来上がります。

ボジョレヌーボーは、ブドウの収穫のお祝いの意味もありますが、その年のブドウの出来を知るときでもあります。

ボジョレーヌーボーの保存方法

 (84742)

フレッシュさが売りのボジョレーヌーボーは、長期保存には向きません。
出来れば開けたその日に飲み切ってしまいですが、なかなか飲み切るのが難しい方もいるでしょう。
そこでなるべく風味を落とさない保存方法をご紹介したいと思います。

ポイントですが、ボジョレヌーボーは2,3ヶ月で飲み切るようにしましょう!
それ以上経つと、質が落ちてしまうようです。

まず、赤ワインの保存に適している温度ですが、「13度~15度」と言われています。
また湿度は75%ぐらいの光の当たらない場所に、ボトルを横向き(寝かせて)にして保存すると良いそうです。

お部屋の中で、「冷暗所で温度変化の少ない場所」と言われてもなかなか場所を見つけるのに難しいと思います。
ワインセラーがある場合は問題ないと思いますが、ない場合は冷蔵庫の野菜室に入れておきましょう。

野菜室でもワインが冷えすぎてしまう可能性があるので、新聞紙にくるんでおくと良いそうです。
コルクは乾燥しないように気を付けてください。
コルクが乾燥すると、コルクが委縮しワインが酸化してしまう原因になります。

飲み残したワインの保存方法

どうしても飲み残してしまった場合は、市販の密閉できる栓を使って野菜室で保存するか、別容器に移して保存するようにしましょう。

開けてから2,3日で飲み切る場合は、そのままコルクで栓をして保存でも大丈夫みたいですが、酸化してしまう可能性が高いです。

ボジョレーヌーボーは、早めに飲むことを心がけるようにしてくださいね。
通常のワインを長期保存したい場合は、ワインセラーがおすすめです♪

ボジョレーヌーボーに合うスイーツ3選

39 件