テーブルコーディネート実例10選♡マナーの基本とワンランクアップして見えるコツを徹底解説!

テーブルコーディネートってなんだか難しそう!と思っている方は多いのではないでしょうか。実は基本をしっかりおさえておけば、あとは自由にアレンジしても大丈夫です♪ もちろん、おしゃれに見せる方法も知っておきたいですよね。 そこで、こちらの記事では ♡テーブルコーディネートの基本 ♡テーブルコーディネートのおすすめ実例 ♡すぐ真似できるおすすめグッズ などをご紹介いたします。今までなんとなく食卓に並べていたお皿なども、コツをおさえておけばさらに見栄えが良くなります!作った料理を最大限に美味しく見せて、さらに素敵な食卓にしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/12/11 公開 | 604 view

テーブルコーディネート実例10選♡マナーの基本とワンランクアップして見えるコツを徹底解説!

テーブルコーディネート実例10選♡はじめに

 (75081)

毎日の食卓やママ友を呼んでホームパーティーなど、テーブルコーディネートを活かせる機会は実はたくさんあります。作った料理をさらに美味しく見せるためにも、ぜひテーブルコーディネートの基本から実例までチェックしておきましょう♡

♦︎目次♦︎

・テーブルコーディネートの基本を押さえておこう!〜洋食編〜
・テーブルコーディネートの基本を押さえておこう!〜和食編〜
・テーブルコーディネート実例10選

①おしゃれなおうちカフェを再現!
②黒いお皿を使って料理の印象を変化
③カッティングボードに並べるだけ!
④ホームパーティーは華やかに♪
⑤「和」の食卓を彩って
・テーブルコーディネートにおすすめ!手軽におしゃれになるグッズ

テーブルコーディネートの基本を押さえておこう!〜洋食編〜

 (75080)

自宅でテーブルコーディネートをする時は、カジュアルに並べても大丈夫ですが、いざおもてなしをするとなるとちょっと不安になりませんか?まずは基本をしっかりおさえておきましょう!

♦️基本の形だけおさえておこう!
左側にフォーク→正面にお皿→右側にナイフ(刃の向きを内側に)の順番を覚えておきましょう。また、スプーンはナイフの外側、グラスはお皿の右上です。デザート用のカトラリーはお皿の奥に置いておきます。

さらにゴブレットグラス(脚のついたグラス)は、水用→赤ワイン用→白ワイン用→シャンパングラスの順に斜めにおきます。フォーマルな席でどれで飲めばいいかわからない時に、知っておくと便利ですよ♪

♦️ここまで極めたら上級者!
カトラリーの置く位置はなんとなくでももちろん大丈夫です。正式には、お皿はテーブル端から指2本分あけておく、カトラリーはテーブル端から指3本分あけて配置すると決まっているので、ちょっとだけ頭に入れておきましょう♪

テーブルコーディネートの基本を押さえておこう!〜和食編〜

 (75087)

続いて和食編です。和食は一汁三菜が基本と言われていますが、本音としてはなかなか難しいですよね!ですが、置き方を意識すると撮影した時にもおさまりが綺麗に見えますし、マナーをよく知ってる人と思われるので良いことづくめですよ♪

♦️基本の形をおさえておこう♪
まずはお箸を手前に置きます。箸置きの上に横向き、お箸の向きは持ち手が右側で箸先を左側にします。そしてお茶碗は左側、汁椀は右側です。このお茶碗と汁椀の置き方で迷う方もいらっしゃると思います。日本には「左上右下」というように左側の方が上位にあるという考え方があります。日本人にとってお米は一番なくてはならないものなので左!と、覚えておきましょう。

そしてその後におかずを配置します。主菜は右上、副菜は左上、その真ん中に副副菜をおきます。もっと品数が多くなる場合は、この形を基本にしておくように気をつけましょう。

テーブルコーディネート実例①おしゃれなおうちカフェを再現!

 (75091)

それでは、センスの光るおすすめ実例を見ていきましょう♪ おうちカフェというのはイメージがしやすく人気です。SNSでもよく見かけますね♪ ぜひチャレンジしてみましょう♡

◎カフェ風なおすすめテーブルコーディネート実例①

71 件