昔と今の育児方法はの違い9つ!険悪にならずに祖父母世代に理解してもらうコツとは?

ママにとって最もストレスなのが、祖父母世代から昔の育児方法を押し付けられてしまうこと!今と昔では、かなり育児方法が変わってきているので、逆にママや赤ちゃんの健康を害する危険もあるんです。正しい知識を身につけて、祖父母世代にも新しい育児方法について知ってもらいましょう。 今回は、昔と今の子育ての違いや、口出しするおじいちゃん・おばあちゃんへの対処法も併せてご紹介します。険悪にならずに上手に伝えるにはどうしたら良いのでしょうか? 嫁姑問題に悩めるママたちにおすすめの記事です♡是非最後までご覧下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/12/27 公開 | 1086 view

昔と今の育児方法はの違い9つ!険悪にならずに祖父母世代に理解してもらうコツとは?

驚愕!今と昔の育児法が違いすぎる

Free photo: Man, Surprise, Shock, Surprised - Free Image on Pixabay - 211505 (12565)

実は、ママたちを最も悩ませているのが今と昔の育児方法のギャップ。おじいちゃんおばあちゃん世代から、あれこれと昔の育児方法でアドバイスをされ、「どっちが正しいの?」と困惑してしまうママも多いんです。

時代の流れとともに、医療も発達し、様々なことが変化してきました。昔の時代の子育ての常識が、今では考えられないようなものもあるんです。時には、ママや赤ちゃんの健康を損なうことにもなりかねないようなアドバイスもあったりします。

現代の正しい育児方法の知識をしっかりと身につけ、自信を持って子育てをしましょう!

今と昔の違い①抱き癖がつくから抱っこしてはいけない

Free photo: Baby, Newborn, Tears, Sad, Cry - Free Image on Pixabay - 408262 (12579)

【昔の育児方法】

昔は「赤ちゃんが泣いたからといってすぐに抱っこすると、抱き癖がつく」と言われていました。
何故かと言うと、赤ちゃんが泣くたびに抱っこしていたら、母親が赤ちゃんのお世話以外何も出来なくなってしまうため、たとえ泣いたとしてもすぐに抱っこさせないようにしていたのだそうです。

つまり、母親の負担を減らすためのいわば、「大人の都合」によるものだったんですね!


【現在の育児方法】


現在では、赤ちゃんが泣いたら気のすむまで抱っこしてあげるのが基本です。
抱っこすることで、赤ちゃんも安心感が得られ情緒が安定するため良いとされています。また、母子の絆が深まるので、スキンシップはとても重要なことだと言われているんです。

抱き癖がつくからと、泣いているのに抱っこせず放置していると、「サイレントベビー」という、自己主張の全くしない赤ちゃんになってしまう恐れもあります。
赤ちゃんなりに、「もう何もしてくれないんだ」とあきらめてしまうのです。すると、心に負担がグッとかかり、笑わない・泣かない赤ちゃんになってしまいます。

これは絶対に、赤ちゃんにはよくないこと!
抱き癖がつくなんて言われても、かまわずいっぱい抱っこして、愛情を注いであげましょう!

今と昔の違い②お風呂上りに白湯や果汁を飲ませなさい

Tangerines Fruit Clementines · Free photo on Pixabay (137022)

【昔の育児方法】

昔はお風呂上がりに母乳ではなく、果汁や白湯を飲ませるのが常識でした。
これは、昔の粉ミルクにはビタミンなどの栄養素が不足していた為、お風呂上がりに少量の果汁を飲ませることが必要だったのです。

【現在の育児方法】

現在では、離乳食が始まる前までは、母乳(またはミルク)だけを飲ませれば良いとされていますので、お風呂上がりでも普通に母乳を与えるだけでOK。
むしろ、果汁など別の水分を与えてしまうと、糖分の摂り過ぎになってしまったり、虫歯の原因にもなると言われています。

また、果汁の方が甘くて美味しいため、母乳や粉ミルクを飲まなくなってしまう赤ちゃんも出てくるため、果汁を飲ます必要は全くありません。赤ちゃんにとっての栄養源は、ママのおっぱいが1番。安心して与えてください。

今と昔の違い③離乳食は大人が噛み砕いてあげればいい

Free photo: Broccoli, Pear, Banana, Pink Plate - Free Image on Pixabay - 767693 (12600)

【昔の育児方法】

昔は、かみかみ期の赤ちゃんに対して食事を与えるときは、薄味に作ったおかずを、大人が少し噛み砕いて柔らかくしてから食べさせていました。今のように便利な器具もなく、市販の離乳食も少なかったため、すり潰すのが大変だったのかもしれません。

しかしこれは、虫歯菌を大人から子供へ移してしまう危険性が高まるだけなので、現在ではNGとされている方法です。

【現在の育児方法】

現在では、3歳までに虫歯菌に感染しなければ、虫歯になりにくいと言われているくらいですので、大人が噛み砕いた食材はもちろん、お箸などの共有も控えるのが一般的。
面倒な離乳食づくりをサポートしてくれる便利な調理器具も充実していますから、大人が嚙み砕いてから与えるなんてことはしないようにしましょう!

今と昔の違い④「離乳食は卵から」「蜂蜜は健康に良いから与えなさい」

Honey Sweet Syrup · Free photo on Pixabay (115924)

【昔の育児方法】

昔の育児では「離乳食は卵から与える」「蜂蜜は健康に良いから与えなさい」などの考え方があったそうですが、これも現在ではやってはいけない行為。
当時としては栄養価の高い卵や免疫力を高める蜂蜜が、赤ちゃんの健康に良いとされていたのでしょう。

【現在の育児方法】

現在では、卵はアレルギーが強いため、離乳食初期段階ではあまり与えません。
初めて与える際は、白身がアレルギーが強いので黄身から少しずつ与えていきます。それだけデリケートな食材なので、離乳食が進んできた時に少量ずつ与えるのが一般的です。

また、蜂蜜も1歳未満の子には与えてはいけない食材です。
蜂蜜には、「ボツリヌス菌」という細菌が存在します。1歳以上になれば腸内細菌も増え、免疫力があるため、蜂蜜を口にしても問題ないのですが、1歳未満の赤ちゃんは、腸内細菌が少ないためボツリヌス症という病気にかかってしまう恐れがあるんです!

2017年に日本でも、誤って1歳未満の赤ちゃんに蜂蜜を与えてしまい、亡くなってしまったというニュースがありましたよね。決して「間違えだった」「知らなかった」では済まされないので注意が必要です。
62 件