赤ちゃんのための防災知識6つ!いざという時に困らないために必要な準備や対策を大公開

地震や水害など、多くの災害が目立つ昨今。いきなり災害が起きたときの対策はできていますか?いつどこで起こるか分からない災害。 実際に災害が起きるとどうすればいいか分からず、あたふたしてしまうことが多いようです。特に赤ちゃんがいる家庭は、本当に赤ちゃんを連れて避難ができるだろうかと心配になることでしょう。 しかし、昔から備えあれば患いなしという言葉があるように、準備や心構えがあればいざという時でも正しい行動がとれます。自分と赤ちゃん、そして家族の命を守るため、普段から防災知識を持って、防災対策を日ごろからしましょう。 今回は赤ちゃんがいるご家庭のために、今すぐできる準備や対策をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/08/21 公開 | 105 view

赤ちゃんのための防災知識6つ!いざという時に困らないために必要な準備や対策を大公開

赤ちゃんのための防災知識①家の中の防災ポイントをチェック

Architecture Blueprint Floor Plan · Free photo on Pixabay (124770)

災害が起きたとき、すぐに逃げることができるでしょうか。
家の中の状態をまずはチェックしてみましょう。

1.家具・家電の転倒防止

・家具や家電が倒れると危険な場所に赤ちゃんを寝かせない
・転倒防止グッズを使う
・棚の中のものが出てこないように対策をする


激しい揺れが起きたときに家の中の家具や大型テレビ、棚などが転倒すると大変危険です。  
逃げ道がふさがれたり、散乱してケガをしないように必ず、転倒の防止対策を見直しておくようにしましょう。  

タンスなども倒れてきて下敷きになったり、足が挟まって逃げれなくなったりもすることがあります。  
普段から物が落ちてきそうか可能性のある危険な場所には、赤ちゃんを寝かせないようにしてください。

2.ガラスの割れ防止

・レースカーテンやロールカーテンなどをつける
・窓やガラスに飛散防止フィルムをつける

物が落ちてこない場所であっても、窓やガラスが割れて飛散すると危険です。
大人も逃げるときに危険ですので、日ごろからカーテンなどをつけておいたり、防止フィルムを付けたりするなどの対策が必要です。

赤ちゃんのための防災知識②避難場所の確認

Map Navigation Hands · Free photo on Pixabay (125459)

1.ハザードマップを確認する
2.避難場所を確認しておく
3.避難場所へ行くまでの道を何通りか調べる
4.他の家族にも避難場所を伝える


まずは、住んでいる地域のハザードマップを手に入れて、危険なところを把握しておきます。
水害に合いやすい地域であれば、避難指示が出る前にしっかり逃げる準備を始めることをこころがけましょう。

そして次に避難場所を調べておき、災害が起きたときに慌てたり、戸惑わないようにどのルートで行くのか避難手段なども実際に確認しておくといいでしょう。
その際に、何通りかの行き方を知っていると、いざ通ろうとしたところが被害にあっている場合、回り道が可能です。

避難場所は自分だけ知っていても意味がありません。パパなど、他の家族などにも「何かあったときにはここに逃げるからね」と伝えておきましょう。

赤ちゃんのための防災知識③災害時に家族と連絡を取る方法を決めておく

Iphone Business Email · Free photo on Pixabay (124772)

1.スマホが使えないときには

58 件