止まらない「イライラ」は病気のサイン!?そのSOSを見逃すな

ああイライラする!とつい叫びたくなること、ありますよね。それが一時的なものであれば「そんなこともあるさ」で済ませられますが、ひどいイライラが止まらない場合はもしかしたら病気が潜んでいるのかもしれません。ここでは「イライラ」が知らせてくれる病気とその向き合い方について考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/13 公開 | 551 view

止まらない「イライラ」は病気のサイン!?そのSOSを見逃すな

ストレス社会にイライラはつきもの

 (33630)

仕事に家事、育児、人間関係や金銭的な問題など私たちの生きる社会にはストレスのもとがたくさん。個人差こそあれ、イライラするのはとても自然なことと言えます。

「緊張」や「イライラ」を医学的・統計的に考えるサイト『緊張・イライラLABO』では、多くの人が感じるイライラについて色々な切り口でアンケートを実施しています。
20代~60代の男女各258名、合計516名に「イライラしやすいか」とのアンケートをしたところ、「Yes」と答えた人が70.7%、Noと答えた人が11.1%となっています。さらに男女別に見たところ、男性でイライラしやすい人は63.6%、女性では77.9%となっており男性よりも女性の方がイライラを感じやすいことがわかります。

その「イライラ」、病気が原因かも

Free photo: Worried Girl, Woman, Waiting - Free Image on Pixabay - 413690 (32504)

誰しもある程度はイライラする世の中ですが、「たかがイライラ」と考えるのは危険です。
「イライラするのは短気な性格のせい」「仕事も育児も忙しいから今はイライラがひどくて当然」など、イライラは性格の話や置かれている状況と絡めて語られることが多く、あまり深く考えられない傾向があります。でもイライラはそれだけで片付けられる話ではないんです。
日本女性心身医学会ではイライラの原因について次のように述べています。
イライラの原因は大きく分けると自分の思い通りに事が運ばないときに生じるもの(精神的イライラ)と自分の意思とは全く関係なく生じるもの(ホルモンバランス的イライラ)とその両者の合わさったものがあります。
(略)
ホルモンバランス的イライラは本人の意思とは全く関係なくイライラする場合でホルモンバランスが崩れていることが原因で起こります。
(略)
ホルモンバランスの崩れによるイライラの治療法はその原因となっている病気の治療を行うことが第一です。
精神的イライラについては自らその原因を取り除く努力ができても、ホルモンバランス的イライラに関してはそうもいきません。
そのイライラを病気によるものだと認め、きちんと治療を受けることがイライラ克服への近道です。

イライラで病院を受診する目安は?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (33628)

イライラは大なり小なり日常的に感じているものだけに、どの程度のイライラで病院を受診してもよいものなのか迷うところですね。
病院受診の目安としては、
〇いつも何をしていてもイライラを感じている
〇家事ができない、仕事が手につかないなど日常生活に支障が出ている
〇自分なりのイライラ解消法を試しても効果がない
〇感情のコントロールができず、人や物に当たってしまう
といったことがあれば迷わず受診しましょう。
上記のような症状にまで発展していなくても、自分で「つらい」と感じているようなら受診をお勧めします。

では、以下から「イライラ」が引き起こされる病気について見ていきましょう。

月経前症候群(PMS)

Free photo: Brawlin Betties, Anger, Yelling - Free Image on Pixabay - 1197374 (32515)

生理がある年代の女性の多くが悩まされる月経前症候群(PMS)ではどのような症状が出るのでしょうか。
43 件