妊婦の時のインフルエンザ!赤ちゃんや出産への影響は?薬や予防接種についても解説します! (page 3)

妊婦がインフルエンザにかかると、おなかの赤ちゃんは大丈夫か、無事に出産できるのか心配が尽きません。妊婦でもインフルエンザの予防接種は受けられるの?出産後の授乳は?心配ごとのあれこれ、詳しくご紹介していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/07/12 公開 | 277 view

妊婦の時のインフルエンザ!赤ちゃんや出産への影響は?薬や予防接種についても解説します!

インフルエンザは予防が大切!

Sniff Cold Healthy · Free photo on Pixabay (122389)

インフルエンザ対策としては、何よりも予防が大切です。
対策としては、まず、手洗い・うがい・マスク、そして、栄養不足や睡眠不足を避け、じゅうぶんに休養を取ることが大切です。基本的なことですが、これをきちんと続けることで、予防の効果は十分に期待できます。
妊婦さんご自身だけでなく、パパや、上の子、よく会うのであればおじいちゃんおばあちゃんにもぜひ徹底してもらえるといいですね。
流行しているシーズンには、可能であれば人ごみに行くことを避けることもおすすめの対策ですよ。ですが、幼稚園や保育園に通っている上の子がいると、インフルエンザをもらってくることを完全に避けるのは難しいですね。そんなときには、予防接種も受けておくと安心ですね。

妊婦でもインフルエンザの予防接種は受けられる?

Syringe Injection Drug · Free photo on Pixabay (122391)

厚生労働省の「お知らせ」を参照すると、妊娠中でもインフルエンザの予防接種は受けられるとあります。(ただし卵アレルギーのある方の場合は、副作用がでてしまうことがあるので、病院に相談してください)
予防接種で免疫が付くことで、ウイルスにふれても感染が成立しないことや、重症化しないことが期待できます。
インフルエンザのワクチンは、不活ワクチンというタイプが多く、これは生ワクチンに比べて副作用も起こしにくいことが知られています。
また、ワクチンを打つことで、胎盤を通して赤ちゃんへ免疫が届けられるという説もあります。
一方で、やはり「薬」をからだに入れることになるため、目に見えない影響が心配という声も多く聞かれます。100%安全!とは言い切れないのが予防接種ですから難しいですね。予防接種は受けたほうがいいのか、受けない方がいいのか。難しい問題ですし、おなかの赤ちゃんへの影響が心配ではありますが、重症化する危険を考えると、予防接種を受けておくほうが安心ではないでしょうか。産婦人科学会でも予防接種は推奨されているので、ぜひ、安心して。

まとめ

Woman Family Speaker Pregnant · Free photo on Pixabay (122392)

妊娠中は何かと心配なことが多いですね。特に、インフルエンザのウイルスは目に見えないものだけに、対策にも限りがあり、心配が付きません。出産の時期は選べず、ちょうど流行シーズンに出産予定ということもあると思います。ですが、心配しすぎず、かかりつけの病院を上手に頼って乗りきってくださいね。
39 件