ファッションのポイントは?季節別マタニティコーデ集&おすすめ通販

お腹が大きくなってくるにつれてママを悩ませるのが「ファッション」ですよね。今までの洋服が入らなかったり似合わなかったり…でもちょっと待って!少しの工夫でマタニティコーデもぐんと可愛くなるんです♪この時期しか楽しめないマタニティライフを、素敵なコーデ&アイテムで楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/01 公開 | 437 view

ファッションのポイントは?季節別マタニティコーデ集&おすすめ通販

マタニティファッションのポイント

Free photo: Woman, Pregnant, Pier, Belly - Free Image on Pixabay - 356141 (69210)

どんどん大きくなってくるお腹、だけじゃない!
胸や腰回り、太ももだってサイズアップしてくるのが妊娠中の悩み…。
今まで着ていた服じゃ入らない!
そんなときのマタニティファッションのコツ、教えちゃいます。
妊娠中だからって、オシャレをあきらめるなんてもったいないんです!!

ポイント①余裕のあるファッション

Free photo: Maternity, Baby Bump, Baby - Free Image on Pixabay - 1828816 (69212)

大きく前に張り出したお腹や腰回り全体にふっくらしたお腹。
そして乳腺の発達とともにサイズアップした胸にたくましくなる太もも。
マタニティファッションのポイントはなんといっても「ゆったり感」です!
特に下半身については、ただでさえ子宮により血管が圧迫され血流が悪くなりがちです。
締め付けない・余裕がある・動きやすいファッションを心掛けましょう!
妊娠中は子宮が大きくなり、身体のいろいろな器官を圧迫します。妊娠後期には、体内で一番大きい静脈である「下大静脈(かだいじょうみゃく)」まで子宮によって圧迫されます。
妊娠というだけで下半身が圧迫されやすい状態に。
下半身の血流が悪くなると、浮腫(むくみ)や足がつるといった症状に悩まされてしまうので要注意!

ポイント②体を冷やさないファッション

Free photo: Autumn, Fall, Maternity, Nature - Free Image on Pixabay - 1850044 (69211)

妊娠中は体温が高くなったり代謝が上がったりと、ママは暑く感じやすくなります。
しかし、それはママの血液量が上がっているために起こること。
油断していると体が冷えてしまい、そこから赤ちゃんへの酸素量の低下などが起きてしまう可能性も!
特にお腹回り、足元は冷やさないよう心がけましょう。
元々冷え性の方は症状が悪化しないよう、お気を付けください!

いつもの洋服でも案外代用可能

Free photo: Blurred Background, Casual, Fashion - Free Image on Pixabay - 1866962 (69213)

やっぱり専用のマタニティウェアを買うべき?と思いがちですが、ちょっと待った!
普段から使っていた洋服が、意外と妊娠中も使えるものなんです。
まずはマタニティファッションに代用できそうなものを探してみませんか♪
お気に入りのあの服が、マタニティファッションに大変身しちゃうかもしれません!

代用①ワンピース

Free photo: Pregnancy, Maternity, New Life - Free Image on Pixabay - 1253752 (69214)

71 件

関連する記事