「乳児脂漏性湿疹」赤ちゃんの頭皮が乾燥でカサカサ!かさぶたになる原因は?正しいケアとは

乳児脂漏性湿疹が原因で、生後しばらくすると赤ちゃんの頭皮にかさぶたやうろこのようなものが付くことがあります。この乳児脂漏性湿疹は、多くの赤ちゃんが経験すると言われています。一過性のものと言われていますが、実際にかさぶたやうろこ、時に赤みが出るとママはどう対処していいのか分からず不安になってしまいますよね。今回は乳児脂漏性湿疹の原因と、かさぶたやうろこが出来た時の対処法をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/14 公開 | 1513 view

「乳児脂漏性湿疹」赤ちゃんの頭皮が乾燥でカサカサ!かさぶたになる原因は?正しいケアとは

乳児脂漏性湿疹とは?

 (48528)

生後間もなく~3、4ヶ月頃までの赤ちゃんに多い「乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)」。
新生児の湿疹で発症率がとても高く、初めてのママだと我が子の湿疹の様子を見て驚いてしまいますよね。

産まれたての赤ちゃんは、お母さんの体内のホルモンに影響されていて、更に新陳代謝も盛んなため、皮脂の分泌が多くなっています。
その為、耳の周辺や頭皮など、洗い方が不十分だと厚くて黄色っぽいかさぶたが出来ます。
赤ちゃんは毛穴の発達が未熟なため、皮脂がつまりやすく湿疹が出来やすいのです。

この乳児脂漏性湿疹は、湿疹と言っても痒みはなく、成長と共に皮脂の分泌が治まってくると湿疹も落ち着くことが多いようです。

乳児脂漏性湿疹の症状と原因

Free photo: Baby, Newborn, Tears, Sad, Cry - Free Image on Pixabay - 408262 (48531)

赤ちゃんに出来る湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼びますが、中でも特に多いのが脂漏性湿疹です。
その特徴は、身体に湿疹は出ずに首より上に出るということです。
頭皮が黄色いかさぶたのようなもので覆われたり、うろこのようになる場合もあります。

眉毛や額、ほっぺなどが白い粉を吹いたようにカサカサになり、赤い湿疹として現れる場合もあります。
これら湿疹に痒みはありません。
生後間もない赤ちゃんは、ママのホルモンバランスの影響と新陳代謝の活発さもあり、肌は皮脂が溜まって汚れやすい状態になっています。
さらに皮脂の出口の毛穴が未発達で詰まりやすく、脂漏性湿疹を起こしてしまうのです。

乳児脂漏性湿疹から赤ちゃんの頭皮を守るために

 (48532)

乳児脂漏性湿疹は、皮脂の分泌が多いことが原因で起きるのですが、皮脂そのものを止めることは出来ないため、皮脂汚れをしっかり落とし赤ちゃんの清潔を保つことが一番のケアとなります。
そこで、重要なのが毎日の入浴でしっかり皮脂や、かさぶた上の脂を落とすことです。

シャンプーの見直し

 (48533)

赤ちゃんの皮膚は薄くて、とてもデリケートです。
頭皮に出来た湿疹やかさぶたを悪化させないためには、シャンプー選びも重要なポイントとなります。
シャンプーは赤ちゃん用の低刺激のベビー用シャンプーを使うようにしましょう。

シャンプーは、泡をしっかりたてて優しく洗ってあげてください。
指の腹を使って、くるくると回すように洗うのがポイントです。
シャンプー後のすすぎと乾燥もしっかりと行いましょう。

お風呂上がりには保湿を

 (48534)

お風呂上がりのシャンプー後の肌には、赤ちゃんの頭皮の保湿がとても大切です。
お風呂上がりは、肌も頭皮も乾燥するので素早く保湿してあげましょう。

ちなみに我が家では、小児科で処方されたヒルドイドという保湿効果のある低刺激な軟膏を使って保湿しています。
もちろん市販の保湿剤でも大丈夫ですよ。
どれが赤ちゃんに合うのか分からないという場合は、かかりつけの医師や薬剤師に相談してみてください。
42 件