どんな風に結婚記念日を祝う?毎年の記念日にはシンボルがある?

夫婦にとって大切な結婚記念日。みんなはどんな風にお祝いしてるんでしょうか?毎年の結婚記念日に象徴されるシンボルがあるのはご存知ですか?結婚記念日を素敵にお祝いして、夫婦の仲を深めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/15 公開 | 516 view

どんな風に結婚記念日を祝う?毎年の記念日にはシンボルがある?

結婚記念日のお祝いをしていますか?

 (31712)

皆さんは結婚記念日のお祝いをしてますか?
入籍日と披露宴の日が異なる場合は、入籍日にお祝いする人が多いようですが、両方お祝いしてもいいですよね。
最初の数年はきちんと祝っていても、子供ができたり、仕事が忙しくなったり、出張と重なったり。年数が経つにつれ、当初のように夫婦でお祝いできにくくなる場合もありますね。
でも、家族の基本は夫婦。一生一緒にいようと決めた、大事な記念日。無理に大変なことをしなくても、お互いに感謝の言葉をかけあえて、結婚当初の気持ちを確認し合えたら嬉しいですね。

スイートテンダイヤモンドは、宝石会社の広告ですが、結婚10周年を節目として大きくお祝いしたり、25周年の銀婚式を盛大に祝ったりしますね。
でも、それ以外の普通の結婚記念日にもそれぞれシンボルがあるんです。ヨーロッパでは、結婚記念日にはシンボルのものを送ったり、友達や家族を招いてお祝いしたりします。
私の義父母はドイツ人ですが、春に結婚50周年を迎えます。役所から町長さんがお祝いに訪れてくれて、親戚や友達をレストランに招待してお祝いする予定になっています。

みなさんは、結婚記念日をお祝いしてますか?
【結婚記念日にしたこと】1位「外で食事をする(58.3%)」

「直近の結婚記念日、または結婚記念のお祝いとしてどんなことをしましたか。」という質問については、「外で食事をする(58.3%)」がトップ、約6割の方が記念に食事に出かけていることがわかりました。続いて2位は「口頭で『ありがとう』、『おめでとう』など伝える(31.0%)」、3位「一緒に(遊びに)でかける(29.9%)」となりました。

毎年の結婚記念日には呼び名とシンボルがある!

 (35672)

結婚記念日リスト

上の写真は、結婚記念日のシンボルが刺繍された布巾です。結婚した時にいただきました。
欧米ではもともとは、夫から妻へ、結婚記念日にシンボルにちなんだ贈り物をしていたそうです。
たとえば、1年目のシンボルは紙なので、レターセットを送ったり、2年目の綿の年は、コットンのハンカチなどを贈る伝統があるそうです。
1年目 紙
2年目 綿
3年目 皮
4年目 花実
5年目 木
6年目 鉄
7年目 銅
8年目 青銅
9年目 陶器
10年目 アルミニウム
11年目 鋼鉄
12年目 絹、麻
13年目 レース
14年目 象牙
15年目 水晶
16年目 トパーズ
17年目 アメジスト
18年目 ガーネット 
19年目 ジルコン
20年目 磁器
25年目 銀
30年目 真珠
35年目 珊瑚
40年目 ルビー
45年目 サファイア
50年目 金
55年目 エメラルド
60年目 ダイヤモンド
65年目 ブルースターサファイア
70年目 プラチナ
こんなにいろんな種類があるなんて知りませんでした。
記念日のシンボルに合わせたプレゼントを贈りあったり、記念に一緒に買い求めたりしたら素敵ですね!一緒に過ごす年数が長くなるにつれて、記念の品も増えていくって、いいですよね。宝石が続く年は出費が心配ですが、それ以外の年は意外にリーズナブルに揃うような気もしますね。
ぜひ参考にしてみてください。

結婚記念日にはどんなお祝いをしたいですか?

 (31713)

最初のアンケートにもあったように、結婚記念日には「夫婦で食事にでかけたい」という人が多数のようです。
外で食事にでかけると、家では作れないような美味しいものが食べれるだけでなく、おしゃれしてデートをすることで、結婚前の気持ちに戻れたり、落ち着いて食事ができるので、二人で深い話ができたり、いいことがたくさんです。たまにはおしゃれなレストランで二人で食事もいいですね。
小さいお子さんがいらっしゃる場合は、なかなか難しいですが、二人でデートできる時間が取れるとうれしいですね。
32 件