【お盆飾り】いつからいつまで?どう飾る?片付けは?いまさら聞けない疑問を解決します!

お盆といえば、お盆休み。お盆には帰省して実家のお盆行事を手伝うという方も多いのではないでしょうか。お盆にはお盆飾りをするということはご存知のこととでしょう。でも、実際どんな意味があっていつ飾るのか、飾り方や片付けなど理解できていないけど、基本のこと過ぎてお姑や親類には聞きにくいと感じている方もまた多いのではないかと思います。そんなお盆飾りについて調べてみたので、ご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/04/11 公開 | 1596 view

【お盆飾り】いつからいつまで?どう飾る?片付けは?いまさら聞けない疑問を解決します!

お盆とお盆飾り

精霊棚には真こものござをかけて、お位牌・提灯・水・季節の果物・きゅうりのウマ・なすのウシをお供えします。お盆の期間はお供えを切らさないようにします。
四隅に青竹を立てて縄をはり、鬼灯(ほおずき)を飾るのが正式だそうですが、省力することも多いのだそうです。

お盆の飾りは、どの地域も似ていますが地域や宗派によっては違っている部分もあるので、親類やお寺さんに聞いて確認しておくと間違いがないでしょう。
 (58670)

お盆は、8月15日(旧暦では7月15日)を中心として、ご先祖さまを供養する行事として知られています。お盆休みで帰省し、お墓参りへ行くという方も多いことでしょう。お盆の本来の呼び方は【盂蘭盆会】というそうです。
一般的には、この時期にご先祖さまの御霊が帰ってこられるとされ、お盆の行事はご先祖さまの御霊をお迎えして、お送りする行事となります。お供えをしたり、お墓参りをしたりして過ごします。

お盆飾りとは、ご先祖さまをお迎えするためのもので【精霊棚・盆棚】と呼ばれるものを用意します。盆花やお供え物、きゅうりのウマ・なすのウシなどを飾るとされています。

お盆飾りってどんなもの?

 (58669)

精霊棚には真こものござをかけて、お位牌・提灯・水・季節の果物・きゅうりのウマ・なすのウシをお供えします。お盆の期間はお供えを切らさないようにします。
四隅に青竹を立てて縄をはり、鬼灯(ほおずき)を飾るのが正式だそうですが、省力することも多いのだそうです。

お盆の飾りは、どの地域も似ていますが地域や宗派によっては違っている部分もあるので、親類やお寺さんに聞いて確認しておくと間違いがないでしょう。

お盆飾りの意味

 (58859)

お盆飾りにはそれぞれ意味があります。意味もわからず飾っているのと、意味を理解したうえで飾るのとではやっぱり理解した上で飾る方がいいのではないでしょうか。
宗派や地域によって飾るものは多少違うかもしれませんが、基本は同じです。ご自身の宗派や地域で飾っているものの意味を参考にしてみてはいかがでしょうか。

では、一般的に飾られるお盆飾りのそれぞれの意味をご紹介してみます。

提灯

お盆にご先祖さまの御霊が帰ってこられる際に、帰る場所を間違わないように目印となるのが提灯です。
初盆(新盆)は白提灯が使われます。初盆(新盆)とは四十九日のあと初めて迎えるお盆のことです。絵柄の入った提灯は初盆(新盆)の翌年からということになります。

鬼灯(ほおずき)

鬼灯(ほおずき)は灯火を意味するのだそうです。御霊がお帰りになる際の足元を照らすものという意味が込められているのだそうです。
食糧難だった当時、少ないお供えを鬼灯(ほおずき)の鮮やかな赤で補ったという説もあるようですね。

精霊馬(きゅうりのウマ・なすのウシ)

45 件