圧力鍋を使った黒豆の煮方をご紹介!時短でラクラク!おいしいアレンジレシピも

お正月のおせち料理の中に入っている黒豆。黒豆の「まめ」には、「元気」「丈夫」という意味があり、縁起の良い食べ物と言われています。また、「まめに働く」という意味もあります。そんな、御自身で作ったことはありますか?黒豆の煮方というと難しそうなイメージもありますが、圧力鍋を使うととても簡単に作れるんです。そして、黒豆はそのままでなくても、アレンジして味わうのもおすすめ!今回は圧力鍋を使った黒豆の煮方と、アレンジレシピをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/11/02 公開 | 14 view

圧力鍋を使った黒豆の煮方をご紹介!時短でラクラク!おいしいアレンジレシピも

圧力鍋で簡単!黒豆の煮方

 (166628)

黒豆だけでなく、豆を煮るというとなると、時間がかかる、面倒…というイメージがつきものですよね。しかし、それが圧力鍋を使うと下処理などの手間も省け、煮るのも短時間でできるというんです。

忙しい年末だからこそ、時短で黒豆を煮てみませんか。

黒豆を煮るための材料は?調味料はいつものものだけ!

 (166626)

まずは材料をご紹介します。いつも使うような調味料だけなので、揃えるのも簡単ですよ!

《材料》
・黒豆 150g
・砂糖 110g
・しょうゆ 大さじ1/2
・塩 小さじ1/4
・水 3カップ


この量で、3人前くらいです。黒豆を購入したときの袋にも、分量が書いてあることが多いので、その分量に合わせて調味料を用意しましょう!

圧力鍋を使った黒豆の煮方をご紹介!

 (166625)

材料を揃えたら、黒豆の下準備から始めます。目安としては前日の夜から作り始めるのがおすすめです。

1.黒豆を水で洗う(水は分量外。お米を洗うように洗います。)
2.調味料は全て鍋に入れ、火をかける
3.沸騰したら火を止め、1の黒豆を入れ、一晩置く
4.翌日、圧力鍋の蓋をし、強火で煮る(1分ほど)
5.圧力鍋の重りが触れたら、弱火にし20分煮る
6.火を止め、自然に冷めるのを待つ


冷めるときにじっくり豆に味が染み込むので、そのままにしておくのがコツです。

失敗したくない!硬くならない黒豆の煮方のコツは?

 (166627)

黒豆を煮たとき、よくある失敗のひとつが『黒豆が硬すぎる』というものです。硬くならないためにはどのようにすればいいでしょうか。黒豆の煮方のコツはあるのでしょうか。

まず、黒豆が硬すぎる理由には、購入した黒豆が古かった、黒豆をつけておく時間が短すぎたなどがあります。

黒豆の古さは、購入時にはなかなか自身で見分けることができませんよね。調味料につけておいても(作り方の3の工程)いつまでもふやけないのであれば、その黒豆は古すぎるかもしれません。一晩置いてもふやけていない場合は、2日程度つけてみましょう。(それでもダメな場合は買いなおしたほうがいいかも…)

黒豆をつけておく時間は最低でも 5時間はつけましょう。これも硬くならないコツのひとつです。

また、煮が足りない場合も硬くなってしまう原因です。圧力鍋でじっくり煮込めば煮が足りないということは少ないですが、それでもまだ足りない場合は、煮直ししてみましょう。弱火でじっくり煮ることで、柔らかくなる場合もあります。できるだけ長い時間煮ることが大切です。

黒豆をアレンジした美味しいレシピ5選

 (166800)

41 件