ママになってからも人間ドック・健康診断を受けよう!おすすめ検査内容や検査先の選び方

ママになってから、人間ドックや健康診断を受けていますか?子育てで慌ただしく、子どもの病院は行くけれど、自分のことは後回し!にしちゃう方も多いですよね。しかし、ママが健康でないと子育てはできません。まだまだ元気だから大丈夫と思っている方でも、今の自分の状況を知っておくことは大切ですよ。今回は受けておきたい検査内容をご紹介します。また、人間ドックや健診を受けたいと思っているけれど、どこで受ければいいか分からない方のために、検査先の選び方もご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/12/10 公開 | 42 view

ママになってからも人間ドック・健康診断を受けよう!おすすめ検査内容や検査先の選び方

ママになってから人間ドックや定期健診を受けている?

 (168245)

ママになってから、健康診断などの定期健診を受けている人はどのくらいいるでしょうか。勤めている会社などで、毎年健康診断があるというところはいいですが、専業主婦であったり、育休を取得中であったりなどなかなか受ける機会がない方もいますよね。

しかし、病気はいつかかるか分からないもの。できるだけ毎年、定期的に健康診断や人間ドックを受けたいものです。それでも子どもを預けられる時間は限られているので、最低限で受けたい!と考えるママも多いはず。

ではママは、最低限どのような内容の検査を受けるのがいいでしょうか。

年に1度は婦人科系検査を

子宮頸がん検診は20代のママであっても毎年受けたほうがいいでしょう。乳がん検診は毎年受けたほうがいいのは40代からと言われていますが、家族内で乳がん経験がある人がいる場合は早めのうちから受けるのがおすすめです。

また、子宮頸がん検診を受ける際に、子宮筋腫や卵巣がんなどが見つかる場合もあります。

内科系検診は2年に1度

便潜血検査胃部レントゲン検査、ピロリ菌検査は、気になるところがなければ2年に1度は受けるようにした方がいいようです。検査結果で問題がなければ、その翌年はとばしてもOKです。

骨密度検査は一度してみよう

女性は閉経後骨粗しょう症のリスクが増えます。骨折しやすくなるので、骨密度検査は一度受けてみましょう。問題がなければ何年かに一度受ければ問題ありません。

40代以上なら特定健診も

40歳以上なら特定健康診査を受けるのもおすすめです。特定健康診査とはいわゆるメタボリックシンドロームの検査のこと。女性にとっては受けづらい検査ではありますが、健康のためには必要な検査です。

レディースディならママも受けやすい!?

Mama Child Security - Free photo on Pixabay (168246)

検査したほうがいいとは思っていても、どこで検査を受ければいいのか悩むことがありますよね。病院や検査を受ける場所で一番重要視したいポイントはずばり、”安心して受けられるか”ではないでしょうか。

ママが安心して健康診断を受けるなら、レディースディのある病院やクリニックがおすすめです。産婦人科や総合病院などで行われていることが多い、女性のための検診日のことです。検査内容も女性に合わせたものが多く、また周りも女性ばかり。医師や検査士も女性であることも多いので、気兼ねなく検査を受けられるでしょう。

女性が多いことから、託児スペースを設けている病院もあるようです。子どもを預ける先がない、まだ授乳中などで長時間離れるのは心配など、制約がある方でも安心して受けられます。病院の他、自治体が主催する集団検診にも女性だけの健康診断の日というものがある場合もあるようです。

検査時間は大体1時間から半日程度。子どもが小さくても、その程度なら受けられるという方もいるのではないでしょうか。

人間ドックならレディースドック

27 件