遺伝子ダイエットは本当に痩せるの?検査の仕方やダイエット効果などを徹底リサーチしました!

ダイエットに何回チャレンジしてもリバウンドしてしまうという人は、自分が太ってしまう本当の原因を知らないからなのかも?!今巷で人気の「遺伝子ダイエット」とは、あなたの遺伝子を元に一番適切なダイエット法を教えてくれる科学的ダイエットです♪しかしこの遺伝子ダイエットは本当に効果があるのでしょうか?今回は遺伝子ダイエットの方法やダイエットの効果等を色々調べてみましたよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/30 公開 | 466 view

遺伝子ダイエットは本当に痩せるの?検査の仕方やダイエット効果などを徹底リサーチしました!

遺伝子ダイエットって何?

Free illustration: Dna, Genetics, Science, Research - Free Image on Pixabay - 1020670 (55276)

ダイエットには糖質を制限する「糖質ダイエット」やプロテイン等で食事を置き換える「置き換えダイエット」等色々ありますよね。

そんな中今注目を浴びているのが「遺伝子ダイエット」です!

遺伝子ダイエットとは、簡単な検査キットを用いて自分の肥満遺伝子を調べることで、太ってしまう本当の原因がわかってしまうというものです。

自分が太ってしまう本当の原因がわかれば、正しいダイエット法が簡単にわかるので、ダイエットに失敗しにくい!ということで今とても注目されています♪

でも遺伝子検査って頻繁にするものではないので、ちょっと怖いなと感じる人もいますよね。

安心してください♪
遺伝子ダイエットの検査方法はとても簡単!

専用のキットに付いてくる綿棒で口の中を擦ったり、爪や髪の毛等を少しだけ採取するだけでいいんです。

たったこれだけで自分の肥満遺伝子のタイプがわかるなんて、凄いですよね!

遺伝子ダイエットで「バナナ型」と診断された人の特徴

Free photo: Bananas, Fruit, Carbohydrates - Free Image on Pixabay - 652497 (55301)

遺伝子ダイエットの結果は、肥満遺伝子のタイプごとに「バナナ型」「洋ナシ形」「りんご型」「アダム・イブ型」の4種類にわけられます。

ここからは、それぞれの遺伝子型がどんな特徴を持つのか見ていきたいと思います。
まずは「バナナ型」からです!

バナナ型は日本人のわずか2割の人しか当てはまらないと言われていて、代謝が高く、全体的にすらっと細身なのが特徴です。

バナナ型のダイエット法

バナナ型の人は一見ダイエットとは無縁に思われますが、このタイプの人は「一度太ってしまうとなかなか痩せにくい」という特徴を持っています。

筋肉も付きにくいタイプなので、年と共に筋肉量が落ちていくと、どんどん太ってしまう傾向にあります。

そんなバナナ型の人は、日々の筋トレがダイエットへの近道です!

代謝や筋肉量が落ち始める前に毎日少しずつ筋肉をつけておけば、もともと代謝の高いバナナ型の人はその代謝を維持できるので、年をとっても太りにくいままでいられますよ♪

さらに!バナナ型の人は筋トレの後にプロテインでタンパク質を接種すると、筋肉量がUPしやすいのでオススメですよ♡

合わせて読みたい記事

遺伝子ダイエットで「洋ナシ形」と診断された人の特徴

Free photo: Bartlett Pear, Pear, Bartlett - Free Image on Pixabay - 482633 (55418)

洋ナシ型と診断される方は女性に多くみられます。
見た目は洋ナシの様に下半身に脂肪が付きやすいのが特徴です。
いわゆる「下半身太り」ですね。

女性は下半身に子宮があるので、それを守るためにどうしても男性より下半身に脂肪が付きやすいのです。

洋ナシ型のダイエット法

洋ナシ型の人は下半身に皮下脂肪が付きやすいので、まずはこの皮下脂肪をなんとかしないといけません。

洋ナシ型に当てはまる方は、下半身を触ってみると、太っている所が冷たいのがわかると思います。
ここからもわかるように、洋ナシ型さんは下半身の代謝が低いんですね。

なので、下半身をしっかり温め、スクワットや骨盤回しといった下半身重視の運動をして代謝をUPさせてみましょう!

また、下半身太りの原因は骨盤が歪んでいることが原因になっていることもあるので、骨盤のゆがみを治してみるのもオススメです!
63 件