幼児教育が子供にもたらす効果とは?早期から通わせたい人気の習い事ベスト5☆

赤ちゃん期が過ぎると、そろそろ気になり出すのが「幼児教育」。子供のしつけや教育のために一体どんな幼児教育を受けさせたら良いのでしょうか。今回は、幼児教育の必要性や効果、始める時期についてご紹介します。人気の習い事ランキングも是非参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/02/17 公開 | 258 view

幼児教育が子供にもたらす効果とは?早期から通わせたい人気の習い事ベスト5☆

幼児教育とは?

Free photo: Thought, Idea, Innovation - Free Image on Pixabay - 2123970 (109091)

子供が幼児期に入ると、そろそろ気になり出すのが「習い事」。早期教育の重要性などが叫ばれている今、多くのママ達が何をどう習わせて良いか悩んでいます。

「幼児教育」とはこのように、乳児期を過ぎた1歳から6歳までの子供が受ける教育のことで、子供が持つ様々な可能性を引き出すための教育となります。

幼児教育の場合、塾や学校のように机の前でじっと座って勉強をするというものではありません。その年齢に応じた遊びを通して色々な体験をしていき、興味や関心を高めていくことが主な目的となります。

◆幼児教育の種類は?

幼児教育の主な種類は3パターンです。

①習い事
②家庭で行う通信講座
③家庭内で学ぶしつけなど

習い事は、よくあるスイミングスクールやピアノ、体操教室、英会話スクールなど。
家庭で行う通信講座は、教材を購入し、ママやパパと一緒に学ぶものです。「こどもチャレンジ」や「ディズニーワールドイングリッシュ」などがその例です。

そして、実は最も重要なのが③の家庭内のしつけです。挨拶やお礼の言葉が言えるなどの礼儀作法はもちろんですが、ママのお手伝いを通して「料理」や「お掃除・お片付け」などを学ぶことが出来ます。人として当たり前のことをまず第1に教えてあげることが「幼児教育」の重要なのです。

◆幼児教育の必要性は?

幼児教育は必ずしもしなければならないのか?不安に思う方も多いと思います。特に、最近の子供は習い事をしているのが当たり前の時代ですから、「何かやらせなきゃ」と焦ってしまいますよね。

幼児教育は、子供の興味や関心を持つきっかけ作りをするという意味が大きいので、必ずしもやらせなければならない訳ではありませんが、子供の才能や可能性を広げてあげるためにも幼児教育は積極的にやらせてあげたほうが良いのです。

しかし、その方法は様々です。何も習い事に通わせることだけが「幼児教育」ではありません。家庭でママやパパと一緒に過ごす中にも幼児教育と呼べるものはたくさんあります。本人が「やりたい」という気持ちになれば幼児教育をスタートする絶好のチャンス!逆にやりたくないという場合は無理に始めることを避けましょう。

幼児教育がもたらす効果とは?

Free illustration: Dyslexia, Learning Disorder, Puzzle - Free Image on Pixabay - 3014152 (109092)

1歳〜6歳くらいの子供の場合、ほとんどが親が決めた習い事をさせる方が多いですよね。本人の意志がさほど反映されないこの時期の習い事には、良い効果は得られるのでしょうか?
気になる幼児教育ならではの効果についてご紹介します。

①自立心が生まれる

大体3歳位になると、どこの習い事もママと離れて子供達だけでレッスンを受けることになります。これまでママにべったりだったお子さんも、これをきっかけに「自分でやってみよう」と自立心が生まれます。精神的にも大きく成長出来るチャンスかもしれませんね!

②集団生活に慣れる

まだ幼稚園や保育園に通っていない年齢の子の場合、習い事をすることで集団生活に慣れることができます。親以外の先生やお友達と触れ合うことで、礼儀や譲り合い、協調性などを育むことが出来るので、幼稚園や小学校に通う前段階としておすすめですよ!

習い事を習得するというよりは、こう言った道徳心や礼儀作法を習得することは今後の人生においても大きく役立つことでしょう。

③可能性を探るきっかけとなる

49 件