赤ちゃんの帽子はいつから?紫外線から守るための選び方や嫌がるときの対処法

外出するときは紫外線が気になるからと赤ちゃんにも帽子をかぶせたくなりますよね。しかし赤ちゃんの帽子はいつから必要になるのでしょうか?また赤ちゃんが帽子を嫌がってしまうこともあります。その場合の対処法などもご紹介します!大切な赤ちゃんの肌や頭を守るためにも、日差しの強い季節の外出時には帽子をかぶせて出かけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/19 公開 | 756 view

赤ちゃんの帽子はいつから?紫外線から守るための選び方や嫌がるときの対処法

赤ちゃんの帽子はいつから?

Free photo: Paternity, Baby, Child Care - Free Image on Pixabay - 633453 (73312)

生後1か月を迎えるとやっと赤ちゃんも外へ散歩に行けるようになります。その際に日差しが強いと赤ちゃんの肌や頭が心配になりますよね。大人でさえも紫外線対策のために帽子をかぶりますよね。赤ちゃんも同様で、紫外線に当たり過ぎると肌が敏感なので肌荒れや日焼けなど、肌トラブルになってしまいます。特に日差しの強い夏は帽子がないと肌や頭の温度が急上昇し、水分不足になり熱中症のリスクが高くなります。

大切な赤ちゃんが熱中症にならないためにも、帽子は幼いうちからかぶらせた方が良いでしょう。特に春夏生まれの赤ちゃんは生後1か月を迎えてお散歩デビューする際は熱中症・紫外線対策として帽子をかぶせて出かけるようにしましょう。幼いうちから帽子をかぶらせておくことで慣れさせておいた方が、帽子を嫌がりにくくなります。季節に合わせてかぶせる帽子を変え、季節ごとの病気や気温対策をしていきましょう。

赤ちゃんの帽子の選び方

Free photo: Baby, People Person, Happy, Child - Free Image on Pixabay - 1571417 (73313)

赤ちゃんの帽子は季節に合わせて変えてあげましょう。最低でも春夏用、秋冬用の2つあると使い勝手が良く、さまざまなところで役に立ちます。赤ちゃんの帽子も大体安くて1500円程度で買えます。可愛い柄で選ぶよりも、機能重視の選び方の方が紫外線対策や寒さ対策として役に立ってくれます。

暑さ対策の帽子の選び方

通気性があり、つばの付いている帽子が良いです。夏なら麦わら帽子、首までガードできる布がついたものが良いです。刺激の少ない、柔らかい素材でできている帽子なら春夏秋と通して使えます。顎紐は嫌がる赤ちゃんが多いですが、風で飛ばされる恐れもあるのであった方が便利でしょう。

寒さ対策の帽子の選び方

Free photo: Baby, Mittens, Bear, Claws, Gloves - Free Image on Pixabay - 1178651 (73792)

毛糸でできているものなどニット系の帽子が暖かいです。肌が弱いとニットで荒れてしまう恐れがあるので、できるだけ肌ざわりの良いものを選んであげましょう。顎紐がついていない場合は服とつなぎとめるためのクリップをつけて飛ばされないように、失くさないようにしましょう。分厚いものは赤ちゃんの頭が重たくなってしまうので、分厚いものより、寒さをカバーできるものを選んであげましょう。

帽子のサイズで選ぶ場合

赤ちゃんの帽子の目安は以下の通りです。
・0~3ヶ月 42㎝
・3~6ヶ月44㎝
・6~12ヶ月 46㎝
・12~18ヶ月 48㎝
・18~24ヶ月 50㎝
・24~36ヶ月 52㎝

上記はあくまでも目安です。健診時に頭のサイズを測るので、それを目安にしても良いでしょう。また大きなサイズを買っておけば長い間使えますが、サイズが大きいと風で飛ばされたり帽子を外した際にどこかに失くしてしまう恐れがあります。なるべく赤ちゃんの頭のサイズに合った帽子を選んであげましょう。

紫外線から守る!おすすめの赤ちゃんの帽子5選

Free photo: Toddler, Hat, Child, Baby, Happy - Free Image on Pixabay - 630483 (73314)

50 件