【防災】備蓄品リストを作ろう!必要な食品の備蓄量は?子育て家庭で備えたいものを紹介!

日本は災害の多い国ですよね。今後30年で大地震が起きる確率が、なんと80%と言われています。もしもの時のための備蓄はされていますか?いまいち何を揃えたらいいかわからない方は、備蓄品リストの作成がおすすめです。普段どれだけの食料を備えているか、賞味期限はいつ切れるのかなど、リストにしていれば定期的にチェックをして、災害に備えることができます。今回は備蓄品リストを作成するために、どれくらいの備えをすればよいのかなどを解説していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/06/12 公開 | 79 view

【防災】備蓄品リストを作ろう!必要な食品の備蓄量は?子育て家庭で備えたいものを紹介!

備蓄品リストを作ろう!どれくらいの量が必要?

 (179594)

災害に備えて、食料品の備蓄はどれくらい必要かご存知ですか?農林水産省が公開している「災害時に備えた食品ストックガイド」によると、最低3日~1週間分の食料品を備えることが望ましいとされています。
なぜかというと、支援物資が届くのに3日以上かかることが多いほか、物流が止まり、スーパーやコンビニで食料品が買えるのが1週間はかかると言われているからです。ですので、自宅での食料品の備えは、最低3日分以上用意しましょう。

備えたい食料品は?大人1人が3日分の食料を用意する場合

では、なにをどれだけ備えればよいのでしょうか。大人1人が3日分の食料を用意した場合は、以下の通りです。
・水 9リットル(1人1日3リットル)
・主食 9食分
 例)レトルトご飯やアルファ米…7個
   即席めんやカップ麺…1個
   乾パンや缶詰パン…1個
・主菜 9食分
 例)魚介や肉の缶詰…4個
   レトルト食品…5個
・副菜など
 
   日持ちする野菜(玉ねぎやジャガイモ)
   野菜ジュースや果汁ジュース
   チョコレートやビスケットなどのお菓子類
   即席みそ汁やカップスープなど
   調味料類
上記を参考に、各家庭に合わせて、必要な備蓄品のリストを作成してみてください。

また、災害時には栄養バランスが偏り、便秘や口内炎などの体調不良を起こしやすいです。ですので、ビタミンやミネラルをとれるような食料品も備えてください。野菜ジュースやドライフルーツなどか気軽にビタミンを取れるのでおすすめです。

赤ちゃんのための備蓄品は?

 (179359)

では、次に心配なのは、子どもの食料品です。子どもの備蓄は何を用意すればよいのでしょうか?まずは、赤ちゃんがいる家庭で備えておきたいものを紹介します。

ミルク

授乳中の赤ちゃんがいる家庭で備えたいのは、粉ミルクや液体ミルクです。普段からミルクを使っている人と、母乳のみで育てている人とそれぞれかと思います。母乳で育てている人も、ぜひミルクは備えておいてください。

なぜかというと、災害のストレスは母乳の生成に影響を与えます。災害のストレスで、母乳が出なくなってしまう可能性もありますので、ミルクを備えておくといざというときに安心です。

おすすめなのは液体ミルク

そして、備えるミルクは、液体ミルクがおすすめです。災害時は水道やガスが止まる可能性があり、そうなると粉ミルクでミルクは作れません。ですが、液体ミルクはそのままあげられるので、ライフラインが止まった時でも安心です。

そして、哺乳瓶は使い捨てのものがあると、水などが手に入りにくいときでも安心ですよ。

幼児のための備蓄品は?

37 件