【2018年最新版】住宅取得時に受け取れる補助金&減税制度一覧!マイホームをお得にGET♡

住宅取得時に受け取れる補助金がどんなものか知っていますか?高い買い物であるマイホーム。そのマイホーム取得時に補助金が少しでもあれば助かりますよね。また、一緒に減税制度についても知っておきましょう。少しでもお得に住宅をGETできるよう、今回は主に新築住宅を建てる場合に焦点を当て、2018年現在に受け取れる補助金&減税制度を一覧にまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/02/28 公開 | 2427 view

【2018年最新版】住宅取得時に受け取れる補助金&減税制度一覧!マイホームをお得にGET♡

住宅取得時に受け取れる補助金4つ!

Free photo: Paper, Business, Finance, Currency - Free Image on Pixabay - 3150428 (109534)

まずは住宅取得時にもらえる「補助金」についてチェックしてみましょう。平成30年2月現在、平成30年度も実施されるだろう補助金は主に次の4つがあります。

①すまい給付金
②地域型住宅グリーン化補助金
③市町村補助金
④ZEH(ゼッチ)支援事業

この中でも住んでいる地域や各家庭の条件によってもらえないものもあるので、それぞれを詳しくチェックしてみましょう。

①すまい給付金

Free illustration: House, Cottage, Building, Housing - Free Image on Pixabay - 3162364 (109535)

すまい給付金とは、消費税率引き上げによる住宅取得者の負担の増加を軽減するために、平成26年4月から国土交通省が始めた制度です。現時点では平成33年12月まで実施する予定のすまい給付金。どのような給付金であるのか見てみましょう。

◎給付される条件と給付額

すまい給付金をもらうには条件があります。基本的には住宅取得者の収入額(都道府県民税の所得割額)によって、【給付基礎額】が決まります。その上に、登記上の持分割合を乗じた分が【給付額】となります。

給付額=給付基礎額×持分割合

また、消費税8%の現在と、将来の10%になったときとでは、給付基礎額も違います。
via うみママ作成
via うみママ作成
今は8%なので、上の条件が適用されます。
また、対象となる住宅条件もあり、新築住宅の場合、住宅瑕疵担保責任保険に加入した住宅、住宅性能表示制度を利用した住宅などであることなどが条件に挙げられます。

◎いつもらえるのか(手続き方法等)

もらうには申請手続きが必要です。申請者は住宅取得者がします。(代行手続きも可能です)

申請期限は住宅の引き渡しを受けてから1年3ヶ月以内。
入居後に給付申請書とともに確認書類を「すまい給付金事務局」へ郵送or窓口へ持参した後、1.5ヶ月から2ヶ月程度で給付金が受領できます。

詳しくは以下のサイトで確認ください。

②地域型住宅グリーン化補助金

76 件