赤ちゃんを産むなら女の子が欲しい人急増中?!男女の違いとリアルな子育て体験談をご紹介!

最近は、「赤ちゃんを産むなら女の子が欲しい」という女性が急増しています。「女の子の方が育てやすい」なんて昔からよく言われますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、男の子と女の子の成長の違いや特徴について詳しくご紹介します。無事に産まれてくれさえすれば、どちらの赤ちゃんもとても可愛いですけどね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/11/05 公開 | 967 view

赤ちゃんを産むなら女の子が欲しい人急増中?!男女の違いとリアルな子育て体験談をご紹介!

赤ちゃんを産むなら女の子が欲しい人急増中!!

Free illustration: Business, Success, Winning, Chart - Free Image on Pixabay - 163464 (94627)

ある調査によれば「1人だけ子供を産むならどの性別がよいか」という質問に対し、「女の子が欲しい」と答えた人が、男の子の3倍近くいることが判っています。ひと昔前なら、家の跡取り欲しさに男の子を授かることが望ましいとされていましたので、驚きの結果ですよね。健康に産まれてくれるのなら、男の子でも女の子でも気にならないという人もいますが、最近の傾向では女の子の産み分けに挑戦する人が増えているそうです。

なぜ女の子の赤ちゃんが人気なの?

Free photo: Question Mark, Why, Problem - Free Image on Pixabay - 2123967 (94628)

実際に、女の子の赤ちゃんが欲しいという人に理由を聞いてみたところ、以下のような結果がでました。人気の秘密には、女の子ならではの良さがあるようですね。早速見ていきましょう。

理由1、大きくなって一緒に買い物や食事に行けるから

男の子だと、思春期になると段々とママの手から離れていき、休日もママと2人で買い物に行く…なんてことはしてくれなくなりますよね。「ママと2人で歩いているところを友達に見られたら恥ずかしい!」という子も多いでしょう。

それに対し、女の子なら反抗期や思春期を迎えて1度離れて行っても、必ずママのところへ戻って来る時期が訪れます。大学生や社会人になってから、ママと一緒に買い物や食事に行く回数が増えたという人も少なくないはずです。パパを置いてママと2人で旅行に行くという子もいるでしょう。同性同士、ショッピングや話題のグルメをおしゃべりしながら堪能するのは楽しいものですよね。そんな将来のことをイメージして、女の子の赤ちゃんが欲しいという声が多いようです。

理由2、孫が出来たら嬉しいから

かなり先の話ですが、もし女の子が将来結婚をして子供を産んだ時。やはりお嫁さんが産んだ子よりも、自分の娘が産んだ子のほうが、断然可愛いという意見もありました。確かにお嫁さんに気を遣って孫に会いに行くよりも、自分の娘の方が気兼ねなく孫を可愛がることができそうですよね。

また、娘が母親になることで、親の苦労を理解してくれそうという意見もありました。たとえ思春期などで一時的に母親を嫌いになることがあっても、こうしてまた戻ってきてくれる確率が高いのは、男の子よりも女の子の方が圧倒的に多そうですね。

理由3、服が可愛いから

これは女の子のママの特権と言っても過言ではありませんよね。ベビー服やキッズ服は、男の子よりも女の子の方が圧倒的にデザインやカラーが豊富です。まるで着せ替え人形のように次々と可愛い服を着せたくなってしまいます。色も明るい・鮮やかなものが多く、おしゃれ好きなママなら見ているだけで楽しくなってしまうものです。

一方、男の子のママに聞くと、色がブルーやグリーン、グレーなど同じようなものばかりになってしまい、アイテムも女の子のようにワンピースやパンツ、スカート、キュロットなどのように豊富ではないので、ちょっとつまらない…という声もあります。また、男の子の場合、いくらおしゃれな服を着せても、泥んこに汚して帰って来るので、そもそも着せないというママもいましたよ。

理由4、思春期の男の子は難しそうだから

小学校高学年の男の子のママに聞くと、もはや何を考えているのか分からない…という悩みがあるそうです。だんだんママとの会話が少なくなり、ママと距離を置こうとします。寂しさからか、不安からか、ママとしてはもっと息子の心を分かってあげたいと思い、意識的に話しかけるようにしますが、かえってそれが逆効果になることもあるそうです。

女の子ならば、ママも通ってきた道なので、なんとなく考えていることや感じていることが判りますよね。「あぁ、私も昔はそうだったな」と思いながら、安心して子供との良い距離感を保つことが出来ます。思春期は、特にデリケートな時期なので考え方が根本的に異なる異性のことは、理解するのは難しいかもしれません。

理由5、遊びが大変そうだから

67 件