赤ちゃんにヨーグルトは食べさせても大丈夫?隠された効果とは!? (page 2)

赤ちゃんのヨーグルトデビューの時期やおすすめヨーグルトをご紹介します。ヨーグルトは栄養満点の食品なので、ぜひ離乳食にも取り入れたいもの。ヨーグルトに隠されてた効果やヨーグルト活用離乳食レシピまで、離乳食に悩むママはぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/06 公開 | 547 view

赤ちゃんにヨーグルトは食べさせても大丈夫?隠された効果とは!?

量の決まりはあるの?

Free photo: Horizontal, Apple, Weight Control - Free Image on Pixabay - 1155878 (27900)

ヨーグルトは赤ちゃんにも食べやすいので、好んで食べてくれる子も多いんですよね。でも、離乳食期の赤ちゃんに与える量は、1日50グラムを目安にあげるようにしてください。ヨーグルトだけでなく他の食品からもバランスよくたんぱく質を摂取することが大切です。

1歳を越えれば50グラム以上食べさせても大丈夫なようです。ただ1歳を超えたからといってすぐに大人と同じ量を食べさせるのではなく、お子さんの様子をみながら少しずつ量を増やすようにしてくださいね。

赤ちゃんにオススメ!ヨーグルトレシピをご紹介

Free photo: Breakfast, Healthy - Free Image on Pixabay - 932452 (27905)

離乳食初期から後期まで使える万能食材であるヨーグルト♪そんなヨーグルトを使ったおすすめレシピをご紹介します。手軽に作れるものばかりなので、離乳食に悩むママはぜひ挑戦してみてくださいね。

赤ちゃんにヨーグルトをあげる際の注意点は?

Free photo: Child, Kids, Children, Food, Eating - Free Image on Pixabay - 1566470 (27906)

はじめの方でも紹介したように、ヨーグルトは牛乳を発酵させて作ったものです。アレルギーが心配な食材でもあるので、はじめてヨーグルトを食べさせるときは以下の点に注意してください。

1.はじめてあげるときはスプーン1杯のごく少量から
2.かかりつけの病院がやっている平日の日中に
3.口の周りや、体が赤くなった場合はアレルギーの可能性もあり。すぐにかかりつけの病院を受診する

アレルギー反応がなくても赤ちゃんの消化機能は未発達です。1歳までは1日50グラムまでを量を守って、少しずつ与えるようにしましょう。

栄養満点!便利なヨーグルトを活用しよう♪

Free photo: Raspberries, Yogurt, Nature, Frisch - Free Image on Pixabay - 1925178 (27907)

34 件

この記事を書いたキュレーター