七五三って何するの?失敗しないために!おさえておきたい基本と当日までの流れを徹底解説!

いよいよ11月15日は七五三です。七五三をやりたいと考えているけど、具体的に何をするの?いつ?当日まではどんな準備をするの?など、疑問を持っている方も少なくありません。七五三は華やかな衣装を着て撮影、だけではありません。せっかく行うなら伝統行事としての基本の意味を改めてチェックして、思い出に残る大切な1日にしたいですよね。七五三が本来どのような行事で、当日に何をするのか、基本と流れを徹底解説いたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/09/12 公開 | 28 view

七五三って何するの?失敗しないために!おさえておきたい基本と当日までの流れを徹底解説!

七五三って何するの?七五三はこんな行事!まずは基本から

 (163000)

七五三というと、7歳・5歳・3歳の子どもが晴れやかな衣装を着て写真撮影というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。具体的にはどのようなお祝いをして何をする行事なのか、基本をまずはおさえておきましょう!

◎七五三の対象になる子どもの年齢と性別は?

七五三というと、7歳・5歳・3歳ですが地域によって男女で同じ場合や違う場合もあり様々です。お住いの地域に合わせる方が多いですが、一般的にはこのように分かれています。

3歳・・・男女ともに対象。「髪置(かみおき)の儀」といって、3歳で赤ちゃんを卒業し髪を伸ばし始める儀式が由来となっています。
5歳・・・「袴着(はかまぎ)の儀」と呼ばれ5歳になった男の子が袴を着る儀式が由来なので男の子が対象。
7歳・・・「帯解(おびとき)の儀」という7歳の女の子が着物帯をつけ始める、という由来のため女の子が対象。

◎七五三の日にちはいつ?

七五三は毎年11月15日ですが、必ずしもこの日に行わないといけない、というわけではありません。2019年の11月15日は金曜日で仏滅のため、この日よりも11月10日日曜日の大安、16日日曜日の大安を選ぶ方が多いと予想されます。

人気の日にちは着付けや撮影、そして参拝の予約をとるのが難しい場合も考えられます。そのため、早い方だと夏休み、あとは11月から2〜3ヶ月以内で家族の都合を優先して行う方もいます。

◎神社を参拝する

七五三でもっとも大切なのは、3歳・5歳・7歳まで成長したことへの感謝と、これからの成長をお祈りするため神社で参拝をすることです。神社の拝殿に上がってお祓いをしてもらう「正式参拝」もあれば、「略式参拝」といって賽銭箱の前で手を合わせ感謝の気持ちを伝える方法もあります。

◎記念撮影や食事会など

近年ではどちらかというと、記念撮影や食事会がメインになっている場合も多いのではないでしょうか。七五三の記念に撮影、親戚が集まる場合は食事会をどうするかについても決めておきましょう。

七五三は何するの?当日までの流れを確認!

 (163729)

七五三で主に行うことは、まずは神社参拝です。その他に、記念撮影や食事会を考えている方も。当日までの段取りをスムーズにするために、流れを確認しておきましょう!
〜当日まで〜
・衣装と撮影の予約
・神社の予約確認
・七五三に招く人を決める
・食事会の予約


〜当日〜
・着付け
・記念撮影
・神社参拝
・食事会
31 件