【乳児と外食】赤ちゃんと外食を楽しむために知っておきたいこと

赤ちゃんいるし、外食は無理かもと思ってしまっているママは多いかもしれません。でも、あきらめなくていいんです!ママが気分を変えるためにもおいしいものは食べたいですものね。乳児がいても外食を楽しむための準備やマナーなどをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/09 公開 | 315 view

【乳児と外食】赤ちゃんと外食を楽しむために知っておきたいこと

赤ちゃん(乳児)がいても外食したい!

Free photo: Woman, Desperate, Sad, Tears, Cry - Free Image on Pixabay - 1006102 (32591)

赤ちゃんが生まれると、特にママの生活は赤ちゃん中心に変わっていきます。それまでのように自由に動くことはできなくなってしまうといっても過言ではありませんよね。
ちょっとした気分転換、自分で作って片づけてという炊事から1回だけでも解放されたいと思うママたちは少なくないのではないでしょうか。

これを書いているわたしは、美味しいものを食べるのが趣味で外食が大好きでした。もちろん家で作って食べるのも好きですが、自分では作れない美味しいものを食べると気持ちがすっきりするんですよね。
夫も同じように美味しいものは外で食べるもので、家庭の味は普通でいいのだという人です。美味しいものを食べながらのお酒は格別なんだそうです。
こどもが生まれたら、こども中心になるのは当たり前だし、赤ちゃんのリズムを崩さないようにと思うと、それまでのように外食できないというのが、けっこうストレスになってしまいました。
赤ちゃん用品への出費は増えるばかりだし、外食を控えられるのはいいのかもしれないけど、たまには息抜きして美味しいもの食べたいですものね。

結果、いろいろ準備して赤ちゃんとの外食を楽しむ方法を覚えました。わたしの経験を含め、赤ちゃんとの外食についてご紹介していきたいと思います。

赤ちゃん(乳児)と外食はいつから?

 (32569)

赤ちゃん用品でおなじみのコンビで実施されたアンケートによると、3ヶ月から5ヶ月のころに外食デビューというのが一番多いようです。

3ヶ月といえば首も座ってくるころで、外出も少しづつはじめて慣れてくるころでしょうか。外食デビューにはこれくらいがいいのかもしれませんね。
新生児期を過ぎ、外出も大丈夫となったころから短時間で食事できる場所やお茶を飲める場所へ行ってならしていくのもいいかもしれません。
抱っこやスリングなど工夫も必要かもしれませんが、ママやパパの判断でいいのではないかと思います。

わたしの場合はというと、わが家には男の子が2人います。現在長男は2歳、次男は9ヶ月。外食、行きます。長男のときは3ヶ月のころが外食デビューでした。次男は里帰りから帰ってからだったので3ヶ月になる少し前だったと思います。
工夫次第で、外食は可能なのだと思いますよ。

赤ちゃん(乳児)と外食は昼がいいの?夜はダメ?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (32669)

赤ちゃんとの外食で気を付けたいのひとつ、時間帯です。外食するとしたら、昼食か夕食ですよね。
ランチなら、赤ちゃんの機嫌を見ながら、気兼ねなく連れていけるかもしれませんが、問題は夜です。

夕食を外でとなると、時間帯が気になってきますよね。夜の外出を良しとしない声も多いのは事実です。
赤ちゃんのリズムを崩すのが心配、夜となるとお酒を飲める場所も増えますので、酔っ払いがいるような店やたばこを吸える店に赤ちゃんやこどもを連れていくのはどうなんだと思う方も多いのかもしれません。
もっともな話でもあり、賛否両論ありますから、ママやパパの判断が必要になると思います。

今は、お酒を飲める店(居酒屋)でも、こどもOKのお店は増えています。こども用の食器やこどもが食べられるメニューを用意してくれていたりと子育て世代をターゲットにする店が増え続けています。

わが家は、夜の外食(お酒が飲める、居酒屋)OKとしています。ただし、条件をいくつか決めていくようにしています。
まず、時間は早い時間帯。大人が盛り上がってくる時間20時頃には帰るということ。お店は遠くに行かず、すぐに帰れて、こどもたちのお風呂や就寝時間のリズムを崩さない。これが第一条件です。
こどもがグズグズしたら切り上げて帰ることも決めています。お店選びにも気を使います。
わが家のように、条件をつけて外食を楽しむのも方法のひとつかなと思います

では、ランチでも夜でも、どんなお店がいいのか見ていきたいと思います。

赤ちゃん(乳児)と外食はどんなお店がいい?

 (32711)

【こどもOKの店】であることが大前提です。まずはこのことを確認する必要があります。こどもはOKだけど赤ちゃんはNGとかいろいろ条件があるので、ホームページや電話で確認しておきましょう。
【こどもOK】【こども歓迎】とうたっているお店は、こども用のお皿やスプーン、フォークを用意してくれていたりしますし、こどもに対してやさしい目で見てくれるのでありがたいです。

たばこについても確認しておきましょう。全面禁煙なのか、分煙なのか赤ちゃんにとっとたばこはあまりいいものではないので確認が必要でね。

わが家の場合、夫が喫煙者です。ランチは禁煙のお店を選びますが夜はお酒を飲むためたばこOKのお店が多いです。
普段は家の中では吸わないので、こどもたちに影響はないのですがお酒を飲めるお店では吸います。あまりよくないとわかっていますが、外食の時だけなので頻繁でもないので許しています。
ご家庭によって、たばこについての考え方も違うので、事前に家族で話し合っておくのがいいかもしれません。

赤ちゃん(乳児)と外食、お店選びのポイント

 (33046)

赤ちゃんと外食するときのお店選びのポイントを抑えておきましょう。先ほどご紹介した通り、こどもOKかどうかの確認に加えて、確認しておきくといいでしょう。

ホームページなども情報として重要ですが、情報が更新されていない場合もあります。その場合、こどもに関することも変わっていることもあるので、電話をして確認しておくと確実です。その際に、予約をしたりや赤ちゃんがいることを伝えておくとスムーズです。
42 件