新生児の体と特徴について徹底解説!これで初めての育児も安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/11 公開 | 107 view

新生児の体と特徴について徹底解説!これで初めての育児も安心!

新生児のからだ

 (34219)

新生児とは、4週未満(28日間)の赤ちゃんのことを言います。
ママの体内にいた赤ちゃんにとって、お乳を吸うこと、息をすること、体温調整すること、すべてが初めてのことばかりでこの世の中に慣れるのに4週間が必要なのです。
この時期にある新生児の特徴をよく理解して自信と愛情を持って育ててあげましょう。

新生児の特徴

 (34216)

新生児の体重は、約3kgで身長約50cmです。
体温は、37℃前後で皮膚は、抵抗力が弱くて乾燥してポロポロ落ちます。
便も尿も出産後24時間以内に排泄されはじめて出生後まもなくの便は、胎便と言い、暗緑色で粘りも強いです。
2~3日すると緑黄色で次第に黄色便となります。
生後3~4日が最も生理的黄疸が強く出ますが、7~10日で自然に消えます。
生後3~4日ごろまでは、体重が生理的に減少しますが、その後だんだんと増えて一週間程度で元の体重へと戻ります。

からだの発達

 (34222)

発育の標準値は、多くの乳児の平均に過ぎず、個々の赤ちゃんによって発達の仕方は様々です。
体重は、生後2~3日は減って生後1週間で産まれたときの体重に戻ります。
生後1か月で約1kg増え、生後1年で出生時の約3倍まで成長します。
身長は、1年で出生時の約1.5倍になります。
五感も発達して、視覚30cm位の距離でボヤッと見えます。
お腹の中にいるときから聴覚が発達していて聞こえています。
ママのお乳のニオイも良く知っているので嗅覚も発達しています。
おいしいもの、おいしくないものも味覚が発達していてよくわかっています。
触覚でママのぬくもりを感じ取っています。
五感を刺激することは、脳の発達を助けています。

赤ちゃんの健康

 (34227)

育児の第一歩は、赤ちゃんの健康状態を見分けることから始まります。
手足が活発に動いている時は、大丈夫です。
いつもよりもぐずったり機嫌が悪い、ぐったりとしている時は注意が必要です。
また食欲がなくておっぱいの吸い方が弱かったり、飲む量が少ない、勢いよく吐く、吐く回数が多いと気など注意です。
体温も毎朝測るようにして平熱を知っておくことも大切です。
37.5℃以上あるときは、注意が必要です。
便や尿も回数、量、色、臭い、形状などもしっかりと見ておくようにしましょう。
母乳栄養児は、人工栄養児に比べて便の回数が多いことも頭に入れておきましょう。

赤ちゃんの便の形状について

 (34228)

赤ちゃんの便は、母乳栄養と人工栄養で違いがあります。
母乳栄養の場合は、卵黄色または緑色で水分が多く軟膏様で臭いも少なく少し水っぽいのが特徴です。
だいたい一日に3~6回くらいで出ます。
それに比べて人工栄養は、淡黄色または緑色で形がある便が出て腐敗臭がします。
1日に1~4回と母乳栄養より少ないです。
かわったうんちが出たときは、おむつごと病院へ持っていき見せた方がいいでしょう。
27 件

この記事を書いたキュレーター

関連する記事