子供の花粉症に役立つ6つの対策とおすすめグッズ♡大人と異なる症状にも要注意!

子供の花粉症対策は万全ですか?年々増加の一途をたどっている小児の花粉症。 その辛い症状を少しでも改善してあげたいですよね! そこで今回は、子供の花粉症対策についてご紹介します。 今すぐ出来る6つの花粉症対策法から子供用の花粉症対策グッズまで。 また、何故昔に比べて子供の花粉症が増えているのか? 何歳で発症するのか? どんな子供が発症しやすいのか?などについても詳しくまとめました。 子供の花粉症は大人と症状が異なりますので、つい見逃してしまいがちですが、気になることがあれば早めにかかりつけの耳鼻科で診てもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/02/15 公開 | 96 view

子供の花粉症に役立つ6つの対策とおすすめグッズ♡大人と異なる症状にも要注意!

子供の花粉症対策はしてますか?

 (140810)

春が近づくにつれて、気になりだすのが花粉症情報。症状の出方に差はあれど、実に多くの人が悩まされていると言われている花粉症ですが、実は子供の患者数も年々増加傾向にあることをご存知でしょうか。

日本小児アレルギー学会でも、年々、小児の花粉症患者数が増加していると発表。しかも、花粉症患者の低年齢化についても指摘しています。
特に都心部においては、どの年代でも約半数もの人が花粉症に悩まされていることが分かっており、もはや子供も大人も関係なく、花粉症対策をしなければならない時代となりました。

◆何歳から発症するの?

パパやママが子供のころは、あまり子供が花粉症になるなんて聞いたことがなかったですよね。
しかし現在では、乳幼児でも関係なく花粉症になることが分かっています。発症する年齢は個人差があり、0~1歳で発症する子もいれば、小学校入学前に発症する子もいます。

「鼻アレルギー診療ガイドライン(2016年度版)」によれば、5~9歳の花粉症患者は13.7%、10~19歳では31.4%となっており、大人とほぼ変わらない発症率となってるのです。
しかし、まだ言葉の話せない乳幼児の場合、日常生活にさほど支障のないレベルであれば、特に検査をすることもありませんから、実は調べてみたら「花粉症だった」なんてこともあるかもしれませんね。

子供の花粉症は、いまや子供のアレルギーの代表ともいわれる「アトピー性皮膚炎」の3倍とも言われていますので、決して侮れないものだと言えます。

◆発症しやすい子供の傾向は?

花粉症の発症リスクについて調べてみると、やはり遺伝的な要素も要因の1つにあることがわかりました。たとえば、両親ともに花粉症なら、その子供も花粉症になる遺伝子を保有しているため、花粉症になるリスクが高くなります。
それは、両親が花粉症でない子供の約4倍ともいわれていますので、非常に高い確率で花粉症になると言えそうです。

また、子供の場合、中耳炎や副鼻腔炎、食物アレルギーなど他の疾患を併発しやすいのが特徴でもあります。さらに、食物アレルギーとは違って、成長と共に自然治癒することはありませんので、花粉症かな?と思ったら診断を受け、治療をスタートしていくことが大切です。

子供と大人の花粉症の症状の違いとは?

 (140811)

子供の場合、たとえ花粉症を発症しても自覚がなかったり、症状を上手く伝えることが出来ませんから、パパやママがしっかりと症状を把握してあげることが大切です。
しかし、そこで気を付けて欲しいのが『大人と子供の花粉症の違い』について。

以下のポイントをチェックして、子供の様子をよく観察してみましょう。

◆目の充血や浮腫み

子供の場合、目に症状が現れるケースが多いようです。目を頻繁にこするなど、痒そうにしていたり、目が充血していたら要注意。また、目の周りの浮腫みなどもよく確認しましょう。

◆鼻づまりが酷い

大人の場合、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主な花粉症の症状ですが、子供の場合はくしゃみがあまりなく、鼻づまりが酷いというのが大きな特徴です。鼻水も、大人はサラサラした水のような鼻水ですが、子供の場合は少し粘っこい鼻水であることが多いようです。

これにより、子供の小さな鼻は詰まりやすくなり、息が出来ないので口呼吸が多くなったり、食事がしにくかったりします。

花粉症は子供にどんな弊害をもたらすのか?

58 件