ヨーロッパでは常識?!今年のクリスマスはアドベントキャンドルを手作りしてみよう!

ヨーロッパではクリスマスの時期に欠かせないものが「アドベントキャンドル」です。伝統的なものからオシャレでスタイリッシュなものまで、意外に簡単に手作りできるのがいいところです。クリスマス気分がぐっと盛り上がるアドベントキャンドルの意味から作り方までまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/10/11 公開 | 339 view

ヨーロッパでは常識?!今年のクリスマスはアドベントキャンドルを手作りしてみよう!

ヨーロッパのクリスマスには欠かせない?アドベントキャンドルとは?

Advent Wreath Prayers and Scripture Readings Devotional -  Catholic - churchyear.net | 12. Advent / Christmas | Pinterest | Advent wreath prayers, Advent wreat… (90467)

アドベントキャンドルというものを聞いたことがありますか?
アドベント(Advent)とは日本語では待降節または降臨節と呼ばれ、イエスキリストの誕生を待ちわびるクリスマス前の時期のことをいいます。
クリスマス前の4回の日曜日をアドベントと言って、クリスマスを心待ちしながら過ごす時間ということになります。
例えば、今年のアドベントの日程はどうなるでしょうか?12月25日のクリスマス前の日曜日の4回をカレンダーで見てみましょう。
最初のアドベントは12月3日の日曜日です。その後、10日、17日、24日となって、第1アドベントから第4アドベントまで続きます。
ヨーロッパではアドベントキャンドルを灯すのが一般的です。
教会はもちろん、家庭や職場や学校でもアドベントキャンドルが置かれている場合が多いです。
日曜日だけでなく、家族が集まってお茶をする時間やゆっくり過ごす時間にキャンドルを灯して、クリスマスを心待ちにするのです。
日本では、室内でキャンドルを長時間灯すことは、現実的ではないかもしれませんが、電池式のキャンドルで、本物の灯りに近いものも市販されていますので、是非、今年はクリスマスの準備にアドベントキャンドルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

アドベントキャンドルはクリスマス前の気分を盛り上げる

 (90450)

クリスマス前といえば一年の中でももっとも日の短い毎日が続く季節です。暗さと寒さで気がめいってしまいそうな季節でもあります。
そんな時、家の中でどれだけ心地よく過ごせるか、楽しくクリスマスを待ち望むことができるかが、日常生活の楽しさアップにつながります。
毎週灯すキャンドルが増えていくごとに、クリスマスが近づくのです。

アドベントキャンドルの4本のそれぞれの意味

イエスキリストの誕生を待ち望む時期という意味が、アドベントという言葉にはありますが、4本のキャンドルにもそれぞれ意味があるそうです。
まず1本目のキャンドルは、預言のキャンドルということで「希望」を表しているそうです。
2本目のキャンドルは、天使のキャンドルで「平和」の意味だそうです。
そして、3本目のキャンドルは、羊飼いのキャンドルで「喜び」を表しているそうです。イエスキリストの誕生を羊飼いが知らされたことによるそうです。
4本目のキャンドルは、イエスキリストが誕生した町、ベツレヘムのキャンドルで、「愛」を表しているそうです。素敵ですよね。
また、5本目として、大きなキャンドルを用意して、25日のクリスマス当日に灯す場合も多いそうで、それは「キリストのキャンドル」だそうです。
意味を知ると、またアドベントキャンドルを灯すたびに素敵な気持ちになれそうです。

アドベントキャンドルの置き場所

 (90571)

キャンドルですので、置き場所には気を付けましょう。大きなテーブルの真ん中や家具の上など、周囲に燃えやすいものがないところに気をつけて配置しましょう。
上の写真では足のあるお皿を利用して、テーブルの中心にアドベントキャンドルが置かれています。4本とも同じ長さのキャンドルを使うことも多いですが、火を灯す期間が異なるので、最初から長さに差のある4本をこのように組み合わせる場合もあります。
日本の家庭では電池式のキャンドルをお勧めしますが、すぐそばにいることが可能なら、数分だけでもキャンドルに火を灯すことが出来たら、雰囲気が一気に盛り上がると思います。
置き場所や、飾り付けには十分に配慮して、安全にアドベントキャンドルをたのしみましょう。

アドベントキャンドルを手作りしてみよう

 (90456)

ドイツの家庭ではアドベントキャンドルは家庭で手作りするのが一般的です。伝統的にはアドベントキャンドルは円を作るように並べ、またキャンドルも高貴な色である紫を使うそうですが、今や、そこはそれぞれの腕の見せ所。キャンドルが4本あれば、他は自由に作ってみましょう。

葉のグリーンが美しいリースや、上の写真のようなシンプルなリースに色々な飾り付けをして、キャンドルを並べるのは最も基本的なやり方です。その時に是非用意したいのがグルーガンです。電動式で熱で糊を温めて使うのですが、これがあれば、ほとんどの素材のものがあっという間にくっつくので便利です。普通の糊では難しいので、是非用意してみてください。上の写真のような毛糸やリボンや小物も簡単につけることができます。

Amazon | 高儀 EARTH MAN 交流AC100V グルーガン GG-100 通販

812
高儀 EARTH MAN 交流AC100V グルーガン GG-100がグルーガンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
37 件