子宮がんの原因ってあるの?セルフチェックや自覚症状からがんを早期に発見しよう!

子宮がんがどんなものか知っていますか?がんは突然発症するものですが、その原因となるものがあります。また子宮がんといっても、よく耳にする子宮頸がんの他に「子宮体がん」というものもあります。それぞれ原因や自覚症状の現れ方が異なるので、日々のセルフチェックと定期的な健診は欠かさず行うようにしましょう。自分の身体は自分が一番分かりますからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/10/30 公開 | 100 view

子宮がんの原因ってあるの?セルフチェックや自覚症状からがんを早期に発見しよう!

子宮がんってどんな病気?

Free photo: Woman, Face, Bullying, Stress - Free Image on Pixabay - 2696408 (93838)

女性の病気の中でも怖いといえば子宮がんや乳がんなど「がん」にまつわる病気です。今日はその中でも「子宮がん」について紹介していきます。がんは進行が悪化すると命を落とす怖い病気でもあります。最近では子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)だけでなく乳がんなど女性特有のがんを発症するのが20代の若い女性からと、いつ自分ががんになるか分からない状況になっています。子宮がんの死亡率は乳がんよりも低いとされていますが、それでも毎年約1万人近くの女性が子宮に関係するがんを発症しています。
さて、子宮がんについて基礎知識としてどんな病気か簡単に説明すると「子宮頸がんと子宮体がんに分けられ、子宮に発生するがんのこと」です。がんとは細胞の突然変異で増殖を繰り返し、塊となった「命の危険を脅かす」ものです。悪化すると発症した臓器以外にも転移するので、放置すると命を落とす危険性もある怖い病気です。

子宮がんになる原因ってあるの?

Free illustration: Hatena, Think About, Question - Free Image on Pixabay - 1184896 (93842)

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんに分かれますが、それぞれ発症へと至る原因は異なります。子宮がんは早期発見できれば早期治療が可能ですが、発見が遅れると治療が出来なくなる可能性もあります。子宮がんは治療可能ながんとして、早期発見がとても大切です。発症の原因をよく知り、早期発見に役立てましょう。

子宮頸がんの原因

Free photo: People, Woman, Girl, Clothing, Eye - Free Image on Pixabay - 2563491 (93846)

子宮頸がんの原因は性交渉によって感染する「ヒトパピローマウィルス(HPV)」と考えられています。ヒトパピローマウィルス(HPV)は粘膜や皮膚の接触で簡単に感染するありふれたウイルスです。しかし子宮頸がんの原因としては100%このウイルスのせいということが分かっており、その感染経路も性交渉が高確率です。しかし感染した場合、どのくらいの潜伏期間があり感染からどのくらいで発症するかも分かっていません。しかし早期発見しやすい子宮がんなので、定期的な健診がとても大切です。

子宮体がん

Free photo: Beautiful Girl, In The Park - Free Image on Pixabay - 2003647 (93849)

子宮体がんは子宮膜にがんが発症します。子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウィルス(HPV)は関係ないと考えられていて、主にエストロゲンの過剰分泌によって子宮膜が傷つけられることにより発症するといわれています。そのため出産の経験がない女性やホルモン剤の使用、閉経などが子宮体がんを引き起こすとも考えられています。欧米では子宮体がんの発症率が高いので、高カロリー・高脂質の食事も悪影響を及ぼしているといわれています。日本人女性の発症が増えてきたのも、食事が欧米化してきたことや生活が欧米化してきたことも関係あるでしょう。

子宮がんに罹っているか心配…自覚症状は?

Free photo: Sad, Woman, Upset, Female, People - Free Image on Pixabay - 2385795 (93851)

39 件