血尿がでた!これって病気?産後や授乳ママに多い膀胱炎について

膀胱炎は女性に多い病気です。中でも、産後や授乳中のママは要注意!「まさか自分が!?」と思うでしょうが、膀胱炎は気が付かないうちに症状が悪化していたりする病気です。ある日突然、血尿が出た…!そうなる前に、ママはしっかり体調管理をしておきたいですね。膀胱炎の原因や症状、気になる治療法や予防法についても、詳しく紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/06 公開 | 7331 view

血尿がでた!これって病気?産後や授乳ママに多い膀胱炎について

突然の血尿!それは膀胱炎かもしれません

 (30743)

トイレにいったら、いつもと違う色のおしっこが出て、びっくりすることがあります。おしっこの色は、真っ赤なこともあれば、いつもより濃い濁ったオレンジ色だったり、血の塊のようなものが出てきたり…それらはおしっこに血が混ざっている『血尿』です。血尿が出ると、痛みや残尿感が伴うこともあります。

血尿は男性よりも女性に症状が出る方が多いとされており、血尿の症状から予想される病気はいくつかあります。

中でも膀胱炎は、ikumama読者でもある出産後や育児中のママに多い病気です。血尿の症状があるのでしたら、もしかしたらそれは膀胱炎かもしれません。

膀胱炎ってどんな病気?

 (30748)

膀胱炎とは、その名の通り膀胱が炎症を起こす病気です。

症状としましては、
●トイレに行った後、またすぐにトイレに行きたくなる(頻尿)
●排尿後、まだ尿意が残っている(残尿感)
●下腹部が重くてだるい感じがする(下腹部痛)
●排尿時または排尿後に痛みを感じる(排尿痛)
●悪寒がする(熱)
●尿が濁っている、色が違う(尿の変化)
などがあります。症状が軽い場合は、当てはまる項目は少ないかもしれませんが、放置しておくとどんどん悪化してしまうことがあります。

膀胱炎になる原因は?

 (30753)

膀胱炎になる理由としましては、
膀胱炎とは、尿管から入り込んだ大腸菌などの細菌が膀胱内で増殖してしまい、膀胱内の粘膜が炎症を起こす病気です。

そもそも私たちの周囲には、常に細菌が存在しています。それは尿管周辺も同じです。体調の良い時であれば、たとえ細菌が尿道に入り込んでも排尿の際に尿と一緒に外に出してしまうので、膀胱炎になりません。

しかし、疲れが溜まっていたり、ストレスなどで免疫が落ちていたりすると、細菌が膀胱内で増殖してしまい、膀胱炎になってしまうのです。
ということがあげられます。膀胱の粘膜の炎症がひどくなると、出血してしまい、血尿としての症状が現れるのですね。血尿が出ているという事は、症状はかなり進行している状態です。

膀胱炎の原因としては他にも、トイレを長く我慢していることで、膀胱内のおしっこの中で雑菌が増殖ししやすくなるということがあります。また我慢はしていなくても、水分をあまりとらずにトイレに行く回数が少ないという方も、膀胱内に雑菌が長くとどまるので、膀胱炎になりやすいとも言われているそうです。

膀胱炎が産後や授乳中のママに多いワケ

 (30752)

43 件