幼児食レシピおすすめ16選♡献立のマンネリを解決!簡単で栄養満点のメニューを大公開♪

幼児食ってどんな料理を作ったらいいの?と、悩んでいるママは多いのではないでしょうか。まだ食べられる種類も多くないので、献立を考えるのも大変ですよね。 そこで、こちらの記事では ♡栄養バランスを考えた幼児食レシピ ♡幼児食レシピで気をつけたいこと ♡おかずから取り分けまで簡単な幼児食レシピ などをご紹介いたします。幼児食を食べる時期は、イヤイヤ期に入っている子供もいて食事もなかなか難しいですよね。そんな中でも、美味しくバランスよく食べてもらえるようなレシピがたくさん登場します♪ 幼児食で気をつけたいポイントもぜひ、チェックしておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/11/27 公開 | 11981 view

幼児食レシピおすすめ16選♡献立のマンネリを解決!簡単で栄養満点のメニューを大公開♪

幼児食レシピおすすめ16選♡はじめに

 (88419)

◎幼児食はいつからいつまで?

離乳食期は初期、中期、後期と分類され完了期まであります。個人差はありますが、生後五ヶ月になると離乳食を始めることが多いです。完了期には一歳〜一歳半になっています。ペースト状のものだったのが、この頃には大人と同じ食材で取り分けができるようになります。

そのような時期を過ぎ、今度は離乳食ではなく「幼児食」と呼ぶものに変わります。急に味が濃くなったり食べるものを変えるというわけではなく、離乳食完了期の延長と考えて進めていくのが良いでしょう。離乳食完了期が終わる一歳半くらいから五歳くらいまでの食事を幼児食と呼び、一歳半から二歳までと三歳から五歳までを区切ってレシピを考えることが多いようです。

◎幼児食レシピで気をつけること

離乳食期と違って食べる量や種類が増え、日々のレシピの幅も広がりますね。でも、好きなものばかりを食べさせるわけにもいかないですし、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

✔︎栄養摂取量が不足または過多にならないように気をつけましょう
ついつい子供が好きなものばかりのレシピにしてしまいそうですが、一汁二菜を基本にバランスよく栄養が摂れるように気をつけましょう。また、毎食考えるのが難しい場合は、1日のトータルで考えても大丈夫です。

✔︎固さ・大きさ・粘りなどの食感を楽しめるようにしましょう
食材には食べ応えがあるものや、なめらかなものなど色々な食感がありますよね。食感も楽しめるように食材を工夫すると良いでしょう。

✔︎味に変化をつけて色々な味に慣れさせましょう
酸っぱいものや甘いもの、時には受け付けてくれないこともあるかもしれませんが、幼児食は色々な食材があることをまずは学んでもらうためのものでもあります。ぜひ、味に変化のあるレシピを取り入れてみましょう。

✔︎楽しく食べてもらえるように工夫しましょう
何よりも、食卓が楽しいと思ってもらえることが一番です。食卓が楽しいと、食べることにも前向きになることもあるかもしれません。子供が好きなお皿にしたり、成長に合わせた箸・フォーク・スプーンを選ぶようにしましょう。

♦︎目次♦︎

幼児食のおすすめレシピ
①大人の取り分けで簡単にできる♪
②ごはんをもりもりいっぱい食べたい♪
③豆腐を使ってヘルシーに♪
④パンなら朝食にぴったり♪
⑤純和食にするならコレ♪
⑥中華も美味しく食べられる!
⑦まるでお子様ランチみたい!
⑧おやつでも健康的に!

幼児食のおすすめレシピ①大人の取り分けで簡単にできる♪

 (88420)

幼児食だけの献立を毎日考えると大変ですが、大人の取り分けなら簡単に作ることができます。子供の食事を意識するので、家族みんなバランスの良い食事になって一石二鳥ですね♡

幼児食のおすすめレシピ②ごはんをもりもりいっぱい食べたい♪

 (88421)

54 件