もうすぐ離乳食!始める目安と離乳食の進め方は?気になるアレルギー対処法

赤ちゃんが5~6ヶ月になってくると、そろそろ考えなければならないのが離乳食ですよね。どのように進めたらいいのか、アレルギーにならないか不安や疑問がたくさん出てくると思います。今回は月齢ごとの離乳食の進め方やアレルギーが出た場合の対処法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/15 公開 | 184 view

もうすぐ離乳食!始める目安と離乳食の進め方は?気になるアレルギー対処法

離乳食を始める目安

 (9981)

赤ちゃんが5~6ヶ月になった頃を目安に離乳食を始める準備をしましょう。

主に次のようなことが出来れば、もう離乳食を始めても大丈夫というサインになります。
・首のすわりがしっかりしている
・支えてあげるとすわれる
・食べものに興味を示す
・スプーンなどを入れても舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射の減弱)
「周りの赤ちゃんはもう離乳食に入ったのに、うちの子は遅いのかな?」と心配になってしまうこともあるかもしれませんが、赤ちゃんもひとりひとり個人差があります。

赤ちゃんのペースに合わせて離乳食を始めていってください。

離乳食を食べさせるのは受診ができる時間に

 (10027)

離乳食を開始する上でとても大切なことは、赤ちゃんに離乳食を与える時間帯です。

赤ちゃんはこの世に誕生して、初めて様々な食材を口にすることになります。
そのため、もしかしたらアレルギーを起こしてしまうこともあるかもしれません。

初期の頃は、アレルギーを起こしやすい食べ物は与えないことが大前提ですが、万が一食べている時に発疹が出たり、口周りが赤くただれてきたら、アレルギー反応が出ている可能性があります。

このような場合は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

何時に与えるのがベストなの?

 (10035)

離乳食をあげるのに一番ベストな時間帯は、お母さんもある程度家事もひと段落していて、赤ちゃんが活発に活動している午前10時ころです。

離乳食を始めてしばらくは1日1回食です。
食事もリズムが大切ですので、あげる時間も大体でいいので、毎日決まった時間帯に与えるようにしましょう。

このようにして、ある程度生活リズムを整えてあげると夜ふかしや夜泣きの防止に繋がります。

離乳食初期の進め方(5,6カ月頃)

 (10032)

離乳食初期の頃は「ゴックン期」と呼ばれ、食べ物の味や舌を使う練習がメインになります。
そのため食材のかたさは、すり潰したなめらかなペースト状が基本です。

最初に食べさせてあげたいものは、消化のしやすいものです。
米1:水10の割合で炊いたものをすり潰した、10倍粥なんかがおすすめです。

また素材だけの味でも十分に食べてくれるので、味付けの必要はありません。

この時期に様々な食材の味を知ることで、好き嫌いが少ない子になります。

どのくらいの量を食べさせたらいいの?

74 件