離乳食には鮭を食べよう!おいしい鮭の栄養や調理法、アレンジレシピまでたっぷり紹介♪

ピンク色で食欲をそそる鮭、離乳食では初期の白身魚に慣れてきたころから食べることができます。大人が食べてもおいしい魚ですから、離乳食にしてもおいしく食べることができます。色んな食材と相性がいいので、アレンジもしやすいんですよ。更に鮭には嬉しい栄養分が豊富に含まれています。気になる鮭の魅力について見ていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/15 公開 | 818 view

離乳食には鮭を食べよう!おいしい鮭の栄養や調理法、アレンジレシピまでたっぷり紹介♪

離乳食に鮭、いつから食べられる?

 (47842)

離乳食の段階が進んでくると、魚も食べ始めます。魚を食べるのは離乳食を初めてから1ヶ月経った頃、ヒラメやカレイ、タラ、タイなどの白身魚からスタートします。

鮭は脂質が多いため、離乳食を開始して2ヶ月くらい、離乳食初期の終わりごろで、白身魚に慣れてきたようでしたら食べてみましょう。

離乳食期に食べたい!鮭の栄養を教えて!

Free photo: Food, Salmon, Teriyaki, Cooking - Free Image on Pixabay - 712665 (47844)

鮭には良質なたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は、血や肉を作るのに重要な栄養素、さらに鮭にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含まれているので、赤ちゃんの成長をサポートしてくれる食材と言えますね。

鮭の身は赤い色をしていますが、白身魚に分類されます。脂肪分はDHAやDPAといった不飽和脂肪酸が中心です。大人が食べると、血中のコレステロールを抑えて血流を良くし、動脈硬化や血栓、高血圧の予防になる成分です。

DHAは、脳の細胞を活性化させる効果が指摘されており、乳幼児の脳や神経の発達に必要な成分と言われています。成長期に鮭を食べると頭が良い子になる!?とも言われているんですよ。

他にも鮭に含まれるビタミンB群は、栄養素の代謝を促してくれ、ビタミンEには抗酸化の力で細胞を守ってくれる働きがあると言われています。

赤ちゃんと一緒に、大人も積極的に食べたい食品です。

離乳食で使う鮭の選び方

Free photo: Salmon, Fillet, Fresh - Free Image on Pixabay - 1881522 (47843)

鮭にもいくつか種類があります。国内産だと紅鮭や白鮭、外国産だとキングサーモンやトラウトサーモンなどが挙げられます。スーパーなどで販売している鮭の切り身は、塩加工している物が多いです。購入するときは、必ず塩加工していないものを選んでください。

離乳食で煮たりすりつぶしたりして食べるのであれば、お刺身を使うのがオススメです。特別な処理も必要ないので離乳食用に加工もしやすく、大人の分から1切れ取り分けて使えるので便利ですよ。お刺身は大人なら生で食べられるものなので、鮮度もいいです。

離乳食に使う鮭、下ごしらえの方法は?

 (47845)

鮭の下ごしらえの方法ですが、他の食材と同じで、ゆでた後にすりつぶして使用しましょう。鮭は焼いたり蒸したりする調理方法もありますが、離乳食期はパサついている食材は、赤ちゃんが食べにくいということもあります。後期であれば、焼いて食べても大丈夫です。

赤ちゃんに鮭を与える時の注意点

 (47846)

鮭は骨も多い魚です。他の魚に比べて大きい骨ではありますが、赤ちゃんの口に入らないよう丁寧に取ってあげて下さい。皮や脂身も離乳食では使わないようにしましょう。

鮭は、アレルギー反応が出る場合があります。初めて食べる時は少量から、できれば平日のかかりつけ医院が空いている時間に食べると、もしアレルギー反応が出てもすぐに通院してみてもらうことができます。鮭を食べてしばらくは、赤ちゃんの様子を見てあげて下さいね。
43 件