クリスマスプレゼントの渡し方は?子供が喜ぶ演出方法と気分を盛り上げるクリスマスの絵本5選

皆さん、毎年子供へクリスマスプレゼントを渡すとき、どのようにして渡していますか?普通に渡したのでは勿体ない!子供がさらに笑顔になってくれるサプライズ演出がおすすめです!今年はいつもよりひと手間かけて子供へクリスマスプレゼントを渡してみてはいかがでしょうか。気分を盛り上げてくれるクリスマスの絵本もご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/10/18 公開 | 638 view

クリスマスプレゼントの渡し方は?子供が喜ぶ演出方法と気分を盛り上げるクリスマスの絵本5選

クリスマスプレゼントは子供へいつ渡す?

Free photo: Advent Calendar, Advent, Gifts - Free Image on Pixabay - 2816966 (90963)

日本でのクリスマス本番と言うと、12月25日ですよね。おそらく、多くの人の認識では、12月25日がクリスマス当日。12月24日=クリスマスイブ、つまりクリスマスの前の日と言ったイメージでしょう。ということは、クリスマス当日にプレゼントを渡すのが正しいと思われがちなのですが、実は、本場キリスト教の信仰が深いアメリカなどでは、12月24日から25日がクリスマスという定義なんです。

クリスマスイブは、クリスマスの前夜(X'mas eve)ではなく、本来はクリスマスの夜(evening)という意味なんだそうです。また、カトリックの教会歴では、クリスマスをはじめとする重要な祭日の典礼は、前日の日没から祈りを始めるという習慣でしたので、正式には12月24日の日没から12月25日の日没までがクリスマスという位置づけとなります。プレゼントをあげる側のパパやママの都合にもよりますが、出来れば本来の意味に従って、24日の夜にプレゼントを用意してあげると良いかもしれませんね。

クリスマスプレゼントは子供が喜ぶサプライズ演出がおすすめ!

Free photo: Gift, Package, Loop, Made - Free Image on Pixabay - 444519 (90964)

パパやママも子供の頃、サンタクロースの存在を信じていた人も多いのではないでしょうか。何歳まで信じさせるか?など、様々な意見はあるものの、「イイ子にしていたら、クリスマスにサンタさんからのプレゼントが貰える」という子供たちの可愛い夢を守ってあげたくなるのが親心ですよね。

パパやママから直接プレゼントを渡すだけではもったいない!せっかくなので、子供の夢を壊さぬよう、サンタクロースの世界を演出してみてはいかがでしょうか。年末の忙しい中、細かい準備が必要なので大変かとは思いますが、子供の大喜びする顔を見たら、そんな疲れも吹き飛びますよ!パパやママも楽しみながら、クリスマスのサプライズ演出をしてみましょう。

アイディア1. 枕元にプレゼント

Free photo: Crafts, Socks, Christmas - Free Image on Pixabay - 683634 (90965)

物凄く古典的な手法ではありますが、子供がしっかり寝た後に枕元にそっとプレゼントを置きましょう。朝目覚めて枕元にあるプレゼントに子供は大喜び!「誰がくれたの?」と聞いてきたときは「イイ子にしていたから、サンタさんが昨日夜来たんじゃない?」とさりげなく教えてあげましょうね。

事前に、プレゼントを入れる大きなクリスマスの靴下を用意するのもおすすめ!大きな靴下なんて用意できないという場合は、普通のサイズの靴下の中に、子供からサンタさんへ欲しいプレゼントを書いた紙を入れておいてもらうのも1つの手です。早めに子供に「欲しい物リスト」を靴下に入れておいてもらえば、パパとママもプレゼントを選ぶ際に参考になりますよね!

アイディア2. クリスマスツリーの下にプレゼント

Free photo: Holiday Gifts, Holidays - Free Image on Pixabay - 1849900 (90966)

クリスマスと言えばやはりクリスマスツリーの存在は欠かせませんよね。最近は、マンションなど置く場所に限りがある場合、大きなツリーを置けないお宅も増えていますが、もし大きなクリスマスツリーがあるお家は、欧米のようにツリーの下にプレゼントを置いておくのもおすすめです。

もし、親戚やおじいちゃんおばあちゃんから、クリスマス前にプレゼントを送ってもらっていたのなら、それも一緒に置いておきましょう。サンタクロースの存在をチラつかせるために、12月24日の夜、寝る前に「サンタさんへ」と書いたカードとミルクとクッキーを用意しておくのも欧米流。朝になって起きてみると、クッキーが無くなっていて、代わりにプレゼントが置いてあるという演出です。これなら簡単に出来るので、是非やってみてくださいね。

アイディア3. サンタクロース?からのプレゼント

Free photo: Christmas, Santa Claus, Child - Free Image on Pixabay - 2579597 (90967)

これも良くある手法です。サンタクロースの格好をした人から直接プレゼントを渡してもらいましょう。ただこれは、子供がよく知らない人でないと効果がないので、意外と難しいかもしれませんね。パパの会社の同僚など、協力してくれる人がいたらお願いしてみるのも面白いですよ!その後にみんなで楽しくパーティーをして盛り上がりましょう。

ただ、人見知りな子供は、ちょっと怖がって泣いてしまう可能性も…。ちょっと手の込んだ演出となりますが、実行出来たら楽しいです。子供もサンタクロースの存在をより信じることでしょう。サンタに扮した人の演技力も多少必要としますので、ノリノリでやってくれる人がいるご家庭はラッキーですね。
55 件