「時短料理」テクを取り入れてスキルアップ!気になるレシピやアイテムまでたっぷりご紹介♡

家事の中でかなりの比重を占めるのが、料理。忙しい毎日の中で、「何とか料理にかかる時間を短縮したい!」そう思っている方も多いはず。そこで今回は、「時短料理」のコツや、時短レシピ、時短アイテムなどをご紹介します♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/16 公開 | 264 view

「時短料理」テクを取り入れてスキルアップ!気になるレシピやアイテムまでたっぷりご紹介♡

忙しい中で料理を作るのは大変!少しでも時短を…

ダウンロード完了|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (48552)

皆さんは料理にどのくらいの時間をかけていますか?
朝ごはん、お昼ごはんは簡単に済ませても、夕飯はしっかりと作っている家庭が多いですよね。
平日の夕食で大体30分から1時間、メニューによっては1時間半以上かかることもあるのではないでしょうか。
子供が小さい場合は、寝ている間に作ろうと思ってもすぐに起きてしまって料理を中断しなければならなかったり、すぐに「ママ来て~」の呼び声がかかったり、ママから離れずキッチンに立っていることすら大変な時もあります。
共働きの場合は特に、仕事から帰ってきて、子供は構ってほしがるし、かといってゆっくり相手をしていたらいつまでたっても夜ご飯が食べられない、なんてことも。
それでも大切な家族には栄養満点のごはんを食べてもらいたいですよね。
手を抜かずにできる限り料理の時間を短縮したい!
「時短料理」のテクニックを覚えて、今までより少し余裕のある夕方を目指しましょう!

時短料理のコツ①献立をきめておこう!

Free photo: Pencil, Notes, Chewed, Paper Ball - Free Image on Pixabay - 1891732 (48555)

まずは、献立を決めておくことが大事です。
よくあるのが、その日の夕方になって冷蔵庫を覗いて、「さあ、何を作ろう」「豚肉と白菜があるから、それを使って作れるレシピを検索しよう」・・・
時間がある時ならこれでもいいのですが、忙しい時間にレシピから探していたのでは効率が悪いですよね!
あらかじめ作るものが決まっていれば、すぐに作業にとりかかれます。
そして、献立はその日の分だけでなく3日分、1週間分とある程度まとめて決めておくと、更に効率が上がります。
子供の給食がある場合は献立表を見ながら、「かぶる」ことのないように・・・
これで「ママ、今日のお昼ご飯もカレーだったよ!」がなくなりますよね!
献立が決まっていたら、買い物の回数も減らせます。
週末にまとめ買いをしたり、週4回を2回に減らせたり。
買い物を減らすことは、買い物にかかる時間を短縮できるだけでなく、ムダ買いを減らせて節約にもつながりますよ!

時短料理のコツ②下ごしらえは小分けに先にしよう!

Free photo: Paprika, Vegetables - Free Image on Pixabay - 639393 (48558)

料理のレシピを見ると手順が少なく簡単そうに見えるのに、実際に作ったらとても時間がかかったという経験はありませんか?
これは、レシピでは一言で書いてある食材の下ごしらえに時間がかかるからです。

例えば野菜を買ってきたそのままの状態から使える状態にするには、しっかり束ねられたテープやビニール包装を外す、土汚れを水で洗う、ピーラーや包丁で皮をむく、種を除く、小さく切る、水分をきる・・・こんなにたくさんの工程があるのです!
特に皮をむいたり切ったりするのは時間がかかりますよね。
そこで、ここまでの作業を、先に、小分けにやってしまおうという考え方です。
買ってきて冷蔵庫にしまう前や、ちょっと手の空いた時、週末の比較的余裕のある調理時間に、小分けに少しずつ進めれば苦にならないはずです。

またここで、献立を決めておいたことが活きてきます。
今日グラッセを作る人参を切るついでに、明日お味噌汁に入れる分、あさっての八宝菜に入れる分を切っておこう、と献立に合わせた形に切ることができますよね!
切った野菜はラップに包んだり、保存袋に入れて、冷蔵や冷凍で保存しましょう。

献立を決めていなくても、よく使う野菜は、よく使う形にして保存しておけば何にでも入れられて便利です。
何か作る時に、野菜が切った状態になっていることがどれだけ楽か、料理をする方ならわかりますよね☆
ただ、トマトやアボカドなど、切ると鮮度が落ちるようなものは直前に切るようにしてくださいね!

お肉や魚も、献立に合わせた形または使いやすい形に切って、塩コショウや漬け込みなど、下味をつけてから冷凍すれば、使いたい日の朝に冷蔵庫に移しておくだけで、すぐに焼いたり煮たりの調理に入れて便利です。
生のままでは鮮度が保ちにくい肉や魚も、小分けにして冷凍するなら、まとめ買いもできますよね!

時短料理のコツ③便利な道具を有効に使おう!

Free vector graphic: Grilling, Tools, Chef Hat, Cooking - Free Image on Pixabay - 308914 (48561)

調理をするときの道具にはいろいろなものがありますね!
道具を適材適所に駆使することも時短につながります。

例えば、トング。
おうちで使っていない方はぜひ使ってみてください!
菜箸では掴みにくいものも簡単に掴めるので、焼き物や揚げ物、麺類の取り出しやサラダの取り分けなどまさに万能です。
いろいろな形が出ていますが、まずは定番の形をひとつ常備しましょう。

ざるやストレイナー、ボウルも一度の調理に何度も登場する場合があるので、大・中・小と大きさを変えて揃えておきたいもの。
ボウルにストレイナーがついたタイプやシリコンのざるで絞って水切りできるものもありますよ!

計量カップに大さじ・小さじ表示のついたものをご存知ですか?
スプーンで計量していると、何杯も入れなければならないものも、これなら一度で計量できます!
何杯入れたか分からなくなることもありませんね♪

他にも、「少しのことだけれど便利になる」という道具を見つけたら、ぜひ取り入れてみてください。
時短になり、料理のイライラが軽減されるはずです。

料理の時短ができる優秀アイテムはコレ!

Free photo: Adult, Caucasian, Cute, Daydream - Free Image on Pixabay - 18792 (48563)

電子レンジ

54 件