トルコの子育て事情!日本との違いって?赤ちゃんとママに優しい独特の育児観をご紹介♡

日本とは大きく異なる海外の子育て観。アメリカや韓国などは、よくテレビでも取り上げられるので、国の文化や風習が身近に感じられますが、トルコってあまり馴染みがないですよね。調べてみるとトルコの子育て事情は、日本よりも赤ちゃんとママに優しく、子育てしやすい国であることが分かりました。毎日育児に頑張る日本のママたちへ、こんな子育ての仕方もあるんだよ…と教えてくれるような気がします。トルコの子育て事情を知って、たまには少し気楽に育児をしてみませんか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/05/25 公開 | 712 view

トルコの子育て事情!日本との違いって?赤ちゃんとママに優しい独特の育児観をご紹介♡

トルコの子育てが面白い!日本とは大きく違う子育て観とは?

Free photo: Turkey, Cappadocia, Hot Air Balloon - Free Image on Pixabay - 1667760 (68566)

日本では、近年「子供の声がうるさい」などが理由で、保育園や幼稚園の建設を反対したり、子連れのママやパパを疎ましく思う人が多くなりましたよね。電車内で、マタニティマークを付けている人に嫌がらせをする人も多いと聞きます。何だかとても残念なニュースばかりで、必ずしも子育てするには良い環境とは、言い難い世の中になりました。

一方、トルコの人は、とにかく家族想いで赤ちゃんや子供が大好きな人が多いんだそうです。そのため、子育て中のママや赤ちゃんに対しても、国中の人がみんな親切にしてくれるんだそうですよ。聞いているだけで、とても羨ましくなりますよね。日本とも教育や子育ての仕方が大きく異なるトルコ。今回は、そんなトルコ独特の子育て事情について詳しく見ていきましょう!

トルコってどんな国?

Free photo: Turkey, Flag, Turks, Red - Free Image on Pixabay - 2221451 (68567)

そもそもトルコってどんな国かご存知ですか?私がトルコといって思いつくのは「トルコアイス」や「トルコ行進曲」…くらいなのですが。トルコは、正式には「トルコ共和国」と言い、アジアとヨーロッパ2つの州をまたがる国です。国の面積は、なんと日本の約2倍。人口は約7.200人で、首都はアランカという場所です。有名な都市は「イスタンブール」がありますね。

トルコの公用語は、トルコ語。気候は地域によって様々です。地中海に面した場所は、温暖な気候ですが、イスタンブールなどの東側・山岳地域は少し寒い気候なんだそうですよ。トルコは、世界での中でも親日的な国として有名です。もともとのトルコ人の気質が、家族思いで人懐っこい人が多いそうなので、旅行者に対しても笑顔で挨拶してくれるんだそうです。特に日本人には優しいそうなので、是非、機会があったら訪れてみたいですね。

トルコは無痛分娩が主流!

Free photo: Baby, Birth, Healthy Baby, Child - Free Image on Pixabay - 1531059 (68568)

日本での出産と言えば、「お腹を痛めて産むからこそ可愛い我が子」といった考え方が主流なので、無痛分娩を行っている病院は少ないですよね。しかし、トルコでは無痛分娩や帝王切開が主流です。出来る限り痛みを和らげて出産するのが良いという考えが主流なんんです。

また、日本との大きな違いと言えば、産後の入院期間。日本では大体、普通分娩だと4~5日間くらいは入院すると思いますが、トルコではなんと1日で退院となります。帝王切開でも2日で退院です。大丈夫なの?と心配になりますが、病院でのサポートが少ない分、トルコでは親や親族などの家族が、産後のママや赤ちゃんのサポートをしてくれるんです。これはこれで、素敵な風習ですよね。

子育ては家族みんなで行うのが当たり前

Free photo: Baby, Relative, Birth, Love - Free Image on Pixabay - 1414531 (68569)

前述したとおり、トルコでは、産後直ぐのママと赤ちゃんのサポートは、親などの親族が行います。自分の親や義母、おばあちゃんから育児を教えてもらい、代々受け継がれていくのです。産後、ママが退院してきたら、両家の母親が交代で泊まり込んで、ママと赤ちゃんのサポートをするんだそうですよ!素晴らしいですね。

もちろん、その後の子育ても、トルコでは家族みんなで行うのが当たり前です。日本だと、ママが1人で育児・家事を担うのが当たり前とされていますが、トルコではパパも協力的で、子供の看病や遊び相手も進んでやってくれるんだそうです。基本的に、トルコの人の仕事が早く終わるのもあって、仕事後は、子供とふれあう時間も長いんだそうです。ママの負担が軽減されるので、ストレスも減りますよね。羨ましい!

トルコは義務教育が12年間!

Free photo: Phone, Screen, Technology, Mobile - Free Image on Pixabay - 1052023 (68570)

日本の義務教育というと、小学校6年間と中学校3年間の合計9年間ですよね。しかし、トルコはなんと5歳半から12年間が義務教育なんです。最近では、公立の学校でもタブレットを使用した授業を取り入れたりして、教育に力を入れている国でもあります。さらに、外国語教育も小学校から始まり、主に英語を学ぶようです。

高校に入ると、一般的な教育以外に職業・技術訓練を学べるコースもあり、自分の希望や能力に合った教育を受けることも可能です。その後は、日本と同じように、試験に合格すれば大学へ進学することもできます。大学に通う大半の学生は、教育助成金を受けており、学ぶことへの意欲を失わないようなシステムになっているんだそうです。とても魅力的な教育方針ですね。
33 件