夫婦二人きりの生活「子なし夫婦」ならではの在り方

結婚して、それから?と言われると出産を思い浮かべる方もたくさんいますよね。でも「出産しない」という選択をした夫婦も世の中にはたくさんいます。子なし夫婦も、とても幸せな夫婦生活を送っていけます♪子なし夫婦ならではの夫婦の在り方をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/27 公開 | 20639 view

夫婦二人きりの生活「子なし夫婦」ならではの在り方

子なし夫婦って、どんな夫婦?

Free photo: Wedding, Bride, Groom, Marriage - Free Image on Pixabay - 1861986 (12689)

子なし夫婦とは、その名の通り、子供のいない夫婦のこと。
その理由は、出産しないという選択をした夫婦や、病気などの事情で出産できない夫婦や、晩婚であるなど、さまざまです。

またその一方で「妻は子供を産んで当たり前」という考えを持っている方がいるのも事実です。
子なし夫婦は、その実態や理由を理解されないまま、バッシングに合うことも…。

子供がいない夫婦のメリット・デメリットは何があるのでしょうか?

子なし夫婦を選択したメリットとは

Free photo: White, Bed, Two, Honeymoon, Enjoy - Free Image on Pixabay - 1822497 (12695)

子なし夫婦のメリットは、大きく4つあります。
まず「仕事に没頭できる」こと。これは、妻が働くことを第一に選択した場合や、今のキャリアを崩したくないという思いなどがあります。
子供が小さいうちは、何かと呼び出されて、仕事どころではなくなってしまう…なんてことは「あるある」ですよね。
この理由で、子なし夫婦を選ぶ、という夫婦も少なくありません。
仕事が生きがいで、仕事をしているのが楽しい!という夫婦によく見られる理由ではないでしょうか。
お互いのことを思いやり支えながら、お互いの仕事もうまく回していく、というのが理想ですね。

次に「貯金がしやすい」こと。夫婦ともに働いていることが前提になりますが、お互い働いていて、自分たちにしか使うお金がない分、貯金に回す額が増えやすいんです!
また、片方が働いていなかったとしても、貯金がしやすいんです。
子供がいない分、突然の出費が少ないというのもあり、大人だけだと出費の予測がつきやすいですよね。
なので、冠婚葬祭などの突然の出費を除いても貯金がしやすい環境作りが出来ると言えます。
夫婦二人で海外旅行へ行く、国内温泉巡りに行く、ウィンタースポーツ等を思いっきり楽しむなど夫婦二人で楽しめる事柄に使うことも出来るうえ、将来の二人だけのマイホームのために貯金しておく夫婦もいます。
Free photo: Adult, Agriculture, Bicycle, Asia - Free Image on Pixabay - 1807548 (12701)

そして「自分のための余裕が持てる」こと。これは、金銭的にも精神的にも肉体的にも言えることですね。
妻は、若々しくいるための努力をする時間を持てたり、オシャレなど美を追求する余裕が持てるなど、子供がいるとなかなか持ちにくい余裕を持つことができます。
夫は、体を鍛えたり、更なる資格取得に向けた勉強などに時間を使う余裕が持てます。
昨今、子連れで若々しくオシャレもしていて家事も完璧!というママはとても増えましたね。
雑誌やテレビなどのメディアに紹介されるママ達はごく一部。そうもいかない…と思っているママがまだたくさんいるのも事実です。
初産の時は特に右も左も分からない状況からのスタートなので、自分のことにまで気を回す余裕がないのも頷けますね。

最後に「男女の関係でいられる」こと。子供がいると男と女でいる関係よりも、父と母でいなければなりません。
子供主体になり、男女の関係、という感覚がどんどん薄れていきます。
夫は男を磨き、妻は女を磨きながら、父母ではなく男女の関係でいられる、というのは子供がいたら難しいことかもしれませんね。
永遠に、最期までたった一人の大切なパートナーとして絆を深めていけます。
年をとっても、若い世代のように二人だけの関係でいられるのは素敵ですね♪

子なし夫婦のデメリットは?

Young at heart 💕 by DarkmiiistyQueen | WHI (12914)

子なし夫婦を選択した際のデメリットとは一体何なのでしょうか?
大きく三つ挙げられます。

まず「老後」のこと。子供がいないわけですから、当然孫もいません。
自分が年をとって、その時に面倒を見てくれたり、遊びに来てくれる子や孫がいないのです。
また、面倒な手続きやわざわざ役場・役所などに赴かなければならない用事も、分からなくても夫婦だけで済ませていくしかありません。
そして、来たるべき最期の時が来ても、認知症や身体の病気にかかっても、夫婦二人、もしくは一人で解決していかなければなりません。
パートナーが最期の時を迎えたら、その後は一人で過ごすしかないんです。

次に「友人・親戚の輪に入りづらい」こと。若いうちは、いろんな話題で話せることもある友人・親戚の輪。
子なし夫婦はまだ広く認知もされておらず、少数派です。大体の夫婦はある程度年を重ねていくと、周りはどんどん家庭を持ちます。
同窓会や結婚式、年末年始や盆の帰省などで集まった際にする話題といえば、「思い出話」に次いで「子供の成長」が多いですよね。
子なし夫婦はその「子供」の話題に入ることもついていくこともしにくいんです。
近所の子供を小さい時から見ていたとしても、自分たちの子供ではないから、と少し間を置かれてしまうこともあります。
子供が欲しかったのに事情があって出来なかった夫婦は、その度に辛い思いをしそうですね。
couple and love by Y. | WHI (12916)

最後に「広いマイホームへの夢がない」こと。基本的にマイホームは子供がいることが前提で設計されています。
貯金がしやすい子なし夫婦は、マイホームが買えるだけの経済力があっても、一般的なマイホームは選びにくいですよね。
少し小さめの二人だけのマイホーム、という形でなら購入する方もいるかと思います。
二人だけの愛の巣…というのなら、わざわざ買わなくてもいいのでは?と考える夫婦が多いようですね。
買ったとしても土地を買い家を建てる、という夫婦は少ないようです。

このように「子なし夫婦」と言葉だけで考えると分からなかったメリット・デメリットがたくさんあるんですね。
メリットも、想像していたより大きなメリットがある、と感じた方もいるのではないでしょうか?
実際に、子なし夫婦で在ることを選んだ方たちは、どのように感じているのでしょうか。

子なし夫婦で在ることを選んだ夫婦の声

🎵..We'll chase the moon, ride the stars..🎵 by Benda Benjamen | WHI (12919)

42 件

関連する記事