あなたの家計は大丈夫?成功する家計簿のつけ方や気になる子育て世代の平均貯金額を大公開!

毎月頭を悩ませる家計は少しでも負担なくやりくりしたいですよね。家計簿をつけたけど続かなかったママや、そもそも家計簿をつけたことがないママも多いと思います。家計簿はつけるだけでなく、今の家計の状況把握や今後の家計に反映しないと意味がなくなってしまいます。そこで今回は「成功する家計簿のつけ方」や、なかなか聞けない「子育て世代の平均貯金額」についてご紹介します。さらにママにも家計にも優しい「無買デー」についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/06/10 公開 | 18 view

あなたの家計は大丈夫?成功する家計簿のつけ方や気になる子育て世代の平均貯金額を大公開!

苦しい家計からこれで脱出!成功する家計簿のつけ方を大公開!

Book Diary Notes - Free photo on Pixabay (153940)

家計簿をつけて何をどう変えたいか考える!

家計簿を付けるだけでは家計はラクになりません。
そこで大切なのが、何のために家計簿をつけているのか?何をどう変えたいから家計簿を付けるのか?という意味を考えてみましょう!
そうする事で家計簿のつけ方も変わってきます。

月にいくらの出費があるのか知りたい場合は口座から直接引き落としされている項目も記入する必要がありますし、月にいくら貯金にまわせていて将来的にいくら貯金したいのか計画を立てたい場合であれば、無駄な出費がないか1つ1つ確認できるような家計簿のつけ方をしていく必要があります。

また、その時々にあった家計簿のつけ方を自分なりに工夫してみると、より家計に役立つ家計簿を作ることが出来るのでおすすめですよ!

項目を大きく分けて大雑把に記入!

家計簿を挫折してしまう原因の1つに、細かく項目を分けすぎたり細かい金額まで記入するのが手間でなかなか続かないという事があります。

そこで、そもそもの項目を「必要経費(ガス水道電気・ローンや通信費などの固定費)・食費その他雑費」に分けて記入します。
まずはこの方法で続けてみて「ここの項目をもう少し細かく知りたい」という項目だけ分けてみる方法がおすすめです!

また、金額の記入は細かくてもせいぜい100円単位までにして大雑把に記入しましょう!

家計簿を付けるのがどうしても苦手なママ向け!デビットカードで明細を家計簿代わりに!

Money Card Business - Free photo on Pixabay (154022)

デビットカードとは、口座と連携したカードで決済してすぐに口座から引き落としがかかるカードです。
このデビットカードを活用した家計簿であれば全く手間がかかりませんし、何にいくら使ったか口座明細(Web)を見ればすぐにわかります。
もちろん口座に残金がなければデビットカードを使うことは出来ませんので、使いすぎ防止にもなります。

この方法であれば、スマートフォンから24時間365日明細をチェックすることが出来ますので便利ですし、あれいくらだっけ?とレシートをとっておく必要もありません。

また、明細をプリントアウトして紙で見ることも出来ますので、無駄な出費にマーカーでチェックしたりひとこと書き加えたりしてファイルに保存しておく事も出来ます。

注意点としては、必ずデビットカードで決済する事です。
デビットカードで一括して管理する事でもれを防ぐことが出来ます。

子育て世代の平均貯金額をこっそりご紹介!

Man Figure Toys Pokes Fun - Free image on Pixabay (153941)

他のお家がどのくらい貯金しているかなんてなかなか聞けませんよね。
けどちょっと気になるし知りたいママも多いはず!そこで今回は「子育て世代の平均貯金額」をこっそりご紹介しちゃいます!

子育て世代といっても20代・30代・40代と幅広い年齢層があり、年齢によって平均貯金額にも差がありますので今回は年齢別にご紹介していきたいと思います。

【年齢別・子育て世代の平均貯金額】
20代ファミリー平均貯金額・・・184万円
30代ファミリー平均貯金額・・・395万円
40代ファミリー平均貯金額・・・588万円

いかがでしょうか?
年齢が上がるにつれて平均貯金額も上がっていっていくのがわかります。

平均貯金額より上のお家も平均貯金額に届いていないお家も焦らず、それぞれの家族のペースに合った貯金ができるのが一番ですね。
25 件