婦人科検診プラス@でガンを早期発見!腫瘍マーカー検査を受けてみよう!

腫瘍マーカー検査を行うことで、ガンの早期発見やガンの再発がないか経過を観察することができると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/14 公開 | 124 view

婦人科検診プラス@でガンを早期発見!腫瘍マーカー検査を受けてみよう!

婦人系がんの早期発見のチャンス!

Free photo: Girl, Posing, Sunglasses, Beauty - Free Image on Pixabay - 410334 (19030)

皆さんは「腫瘍マーカー」をご存じですか?

最近は人間ドックにも加わるようになり少しずつなじみが出てきた言葉かもしれません。

「腫瘍マーカー」とは血液検査の項目でがんの早期発見や、術後の経過観察(再発確認)などに活用される検査です。
血液検査でできることから手軽にできるということが話題になりました。

芸能人やスポーツ選手などここ数年で女性のがん治療をされる方が増えてきたように感じます。
もちろんこれまでもいらっしゃったのでしょうが時代背景が後押しして、こっそりと病とともに共存するのではなく、一緒に病気と向き合う・戦うといった考えにシフトしている感が見受けられますね!

「腫瘍マーカー」はがんの兆候を血液の中から見つけることができるので時間がかかる検査が不要!
気軽に受けられるのがうれしいですね。

腫瘍マーカーはどこで受けられる?

Free photo: Doctor, Medical, Medicine, Health - Free Image on Pixabay - 563428 (19031)

市区町村で行われている検診を活用したり、企業が行う健康診断などのオプションや人間ドックで検査を行ったりすることができます。
年齢に応じて年に1回ないし数年に1回は検査することで早期発見と治療が可能です。
その中で参考にしていただきたいのがこの「腫瘍マーカー」なんです。

実は私が企業に勤めていた頃に人事総務を担当していて会社の代表からこの「腫瘍マーカー」を受けたいということで調べたのがきっかけです。
「腫瘍マーカー」には主に肺がん・大腸がん・胃がん・卵巣がん・乳がんなどの検査が可能です。
それぞれの検査にとって検査項目が違うため名前分けをされCEAなどといった約7~10種類ほどの検査から検査します。
私が働いていた時はまだ健康診断を行う病院で導入しておらず、病院を探すのに苦労しましたが、今はほとんどの病院で検査可能だと思いますので一度問い合わせて見てください。

気になる値段と検査結果について

Free photo: Dollar, Money, Cash Money, Business - Free Image on Pixabay - 1362244 (19033)

「腫瘍マーカー」を受けるとだいたい1週間程度で結果がきます。
健康診断結果と同じくらいです。検査結果は、病院で説明を受けると良いと思います。
私も一度受けさせてもらったのですが、説明してもらいました。

結果は至ってシンプルです。

基準数値というのがもうけられており、それ以上だとがんの傾向があるかもしれない、基準値以下だと陰性ということです。
ここでしっかり理解していただきたいのが、「腫瘍マーカー」はあくまでがんを特定する訳ではないということ。
基準値が超えていても、がんになっているわけではないので安心してください。
たとえば喫煙される方がCEAの検査をすると数値が上昇する傾向があります。
検査をするのであれば、事前に禁煙することをおすすめしますが、前日まで喫煙していて数値が高いというのは判断が着なくなる場合があります。


最後に気になるお値段ですが、そこまで高いというイメージではないです。
病院によってもちろん金額は異なりますが、たとえばCA125、CA15-3、CEAの3種類を受けるとおおよそ5,000円くらいではないでしょうか。
1項目がだいたい2,000円程度と思っていると良いと思いますよ!


「腫瘍マーカー」も賛否両論で、がん患者向けの再発確認にしか向かないとか、早期発見はできない等言われています。結局は何を信じるかだと思いますし、この手軽な検査で不安から解消されるのであればやって良いものだと考えています。
今はインターネットでも「腫瘍マーカー」で検索するとたくさんの情報が収集できます。
是非様々な情報から何が良いかチョイスしていただきがんの予防や早期発見に役立てていただければと思います。

がんは治す・予防する病気へと医療は進化しています!

Free photo: Laughter, Laugh, Fun, Mom, Daughter - Free Image on Pixabay - 775062 (20226)

私が小さい頃、がんは治らない病気というイメージが強く「がん家系」だから......などと言周りがよく話していました。しかしながら検査方法が分かり、さらに充実しただけでなく治療方法も多様になりました。「腫瘍マーカー」もその1つです。
私たちができることは、定期的な検査で早期に発見できるきっかけを自ら作り出すことだと思います。まだがん検診を受けていない方、ぜひ受診して「腫瘍マーカー」をプラスして不安のない気持ちに豊かさある暮らしを目指しませんか?
14 件

関連する記事