「英語は幼児」から始めよう!幼児にオススメの教育法を教えて♪

幼児期は、言葉に関する関心が最も伸びてくる時期で、耳にした音をそのまま吸収することができる年齢です。 無理なく、英語が楽しいとお子さんが思えるように無理をさせないことがとても重要になってきます。無理をさせずお子さんに合っているかをしっかりと観察してあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/23 公開 | 135 view

「英語は幼児」から始めよう!幼児にオススメの教育法を教えて♪

英語は将来「必須」となる!

 (21711)

今や幼稚園から英語を始めている時代。成長するにつれて英語は必須の科目となっていきます。
高校受験でも大学受験でも英語は五教科として試験に出てきます。
お子さんの夢は何ですか?お医者さん・野球選手・サッカー選手・スポーツ選手等英語が必要となります。
サラリーマンに対する調査の結果でも、英語ができる人は、平均で220万円も高い年収をもらっている。というアンケート結果も出ているようです。

これからの将来私たちの時よりたくさん英語が必要になってきます。
そんな時に英語を幼児から始めることでお子さんの将来の為になることを覚えておきましょう。教材などもご紹介するので一度試してみてください。

「英語は幼児期から」始めるべき?

 (21708)

英語は幼児期から始めるべきなのでしょうか?お子さんを持つ親御さんであれば気になりますよね。
小学校から英語が教科に入るという時代です。
最近では保育園や幼稚園でも英語を教えてくれる園も増えてきているようです。
幼児期から始めると子供は興味を持つことが多く幼児期から始めることで小学校や中学校の授業だけで十分についていけそうですね。
高校受験の為にと中学校から勉強を始めてもなかなか覚えられないのが現実です。
早く始めることで損をすることはないはずです。

幼児期は、言葉に関する関心が最も伸びてくる時期です。まだ日本語や英語の区別はできませんが、耳にした音をそのまま吸収することができる年齢です。英語特有の音やリズム感を聞いたまま取り入れることができることが分かっています。

「日本語」と「英語」がごちゃごちゃにならない?

 (23100)

幼児から英語を始めると日本語と英語が混ざってしまいそうですね。
幼児期は言葉を自然と吸収することが出来る時期です。
そこで日本語と英語をすることによって、言葉の判断が出来なくなってしまうことがあります。
言葉の中で英単語が混ざってしまったり、日本語が不完全になってしまうこともあります。
しかしお子さんの将来には英語が不可欠になってくることも確かです。
英語に興味を持ってくれるのであれば日本語と英語の区別が出来るようにしてあげることも大事になってきます。

何故「幼児期」から英語を始めると良いの?

 (23099)

幼児期から英語を始めるといい点は何でしょうか。
どんなメリットがあるのかご紹介します。

★幼児期から始めるメリット★
1.聞いた音をそのまま吸収することが出来る
幼児期は、言葉に関する関心が最も伸びてくる時期です。まだ日本語や英語の区別はできませんが、耳にした音をそのまま吸収することができる年齢です。英語特有の音やリズム感を聞いたまま取り入れることができることが分かっています。
2.生活の中で自然と学べる
3.英語が楽しいと認識できる
小さい頃から英語は楽しい、英語は面白いといういいイメージを持てます。
本格的に英語を学ぶ時にも前向きに取り組むことができます。

幼児期から英語を始めることはたくさんのメリットがありますね。
本格的に英語を学んでほしいママは早い時期から始めることで子供の将来の為にも役立てることが出来ます。

家で「楽しみながら・学べる英語教材」をご紹介

 (23101)

家で楽しみながら学ぶことのできる英語教材をご紹介します。
41 件

この記事を書いたキュレーター