保育士が選ぶ赤ちゃんにオススメの絵本10選!どうして絵本の読み聞かせが必要なの? (page 3)

赤ちゃんに絵本を選んであげたいけど、どれがいいのか分からない…そんなママのために、保育士の私が実際に「これが赤ちゃんに喜ばれた!」というオススメ絵本を紹介します。絵本を選ぶ時や読み聞かせのポイントは?そもそもどうして赤ちゃんに絵本は必要なの?合わせて紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/06/06 公開 | 495 view

保育士が選ぶ赤ちゃんにオススメの絵本10選!どうして絵本の読み聞かせが必要なの?
おばけ絵本を多く書いているせなけいこさんの絵本です。赤ちゃんなのにおばけ!?と思うかもしれませんが、ちょっぴり怖くてドキドキする感じが、赤ちゃんもワクワクとした刺激になるみたいです。見ている時は怖がっているのに…終わると「もう一回!」となぜか言われることがある人気絵本です。赤ちゃんが絵本に慣れて楽しめるようになったらチャレンジしてみてくださいね。

ただ、怖がる子は本当に怖いみたいなので、赤ちゃんの様子を見ながら読んであげましょう。くれぐれも怖がらせすぎにはご注意を!

第7位 『がたんごとんがたんごとん』

電車が好きという赤ちゃんは多いです。赤ちゃんの身近なお世話道具たちが、「がたんごとんがたんごとん」大好きな電車に乗って運ばれていくのが楽しい絵本です。色合いも原色を使っていて、赤ちゃんには馴染みやすいのかもしれません。

第8位 『ちっちゃなおさかなちゃん』

読み終わった後に思わず赤ちゃんをギュっと抱きしめたくなるような、ママの愛情がたっぷり感じられる絵本です。私自身がこの絵本の内容が大好きなので、ぜひともオススメしたいです。色合いも、黒い背景に色とりどりの海の生き物たちが映えていてとってもきれいで、赤ちゃん達にも人気な1冊です。

第9位 『アンパンマン あいさつ』

赤ちゃん達はアンパンマンが大好き!アンパンマンの絵本を何か買ってあげたいと思ったら、こちらがオススメですよ。大人もびっくりするようなしかけが魅力的で、絵本を通して挨拶を覚えられます。しかけがすごいからか、赤ちゃん達も面白がって見てくれます。サイズが小さいから、お出かけにも便利です。

ただし気をつけないと、ちょっと目を離した隙に赤ちゃんはしかけを壊してしまいます…私はセロテープで直しながら使い続け、現在は3冊目です。

第10位 『おつきさまこんばんは』

昔から親しまれている絵本です。短い絵本ですが、お月様が登って隠れて笑って…赤ちゃんが楽しめる1つの物語を、優しく語りかけてくれる絵本です。

赤ちゃんに絵本を読んであげるときのポイント

78 件