赤ちゃんのベッドガードは何を基準に選んだらいいの?オススメ商品11選も紹介!

赤ちゃんのベビーベッドに取り付けることで、怪我や事故から守ってくれるベッドガード。種類が豊富なので、どれを選ぶのが正解なのか迷ってしまうことも。ベッドガードを選ぶ際に重視したいポイントや、オススメ商品11選を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/03/13 公開 | 247 view

赤ちゃんのベッドガードは何を基準に選んだらいいの?オススメ商品11選も紹介!

赤ちゃんを怪我や事故から守る『ベッドガード』ってどんな商品?

 (112234)

スヤスヤ眠っていたと思ったら、布団をふんずけ寝返りをしている…赤ちゃんって意外と寝相が悪いですよね。ベビーベッドを利用していると、動いているうちにベッドの柵に手足が挟まったり、寝返りしたら頭をゴンっとぶつけてしまったりということがあります。

ベビーベッドにぶつかった衝撃で、せっかく眠っていた赤ちゃんが起きてしまったり、怪我をしてしまうことも。それを防いでくれるのがベビーベッド用のベッドガードです。サイドガードやサイドパッドとも呼ばれていて、柔らかいクッション素材やウレタン素材でできています。ベビーベッドの内側を覆うことで、赤ちゃんを日差しやエアコンの風から守ってくれるという役割もあるんですよ。ペットを飼っているというお家でも、ペットがフェンスの間から赤ちゃんに飛びついたりしないように防止ことができます。

デザインも赤ちゃんらしいシンプルなものから、子ども部屋を彩ってくれる可愛らしいものまで様々。赤ちゃんを危険から守ってくれるだけでなく、お部屋のインテリアのワンポイントとしても使えます。

フェンスタイプのベッドガードとどんな所が違うの?

ベッドガードという商品名のものには、フェンスタイプのものもあります。大人用のベッドに取り付けるフェンスで、寝返りをした時にベッドから転倒したり、寝相が悪く布団が落ちてしまうのを防いでくれる役割があります。赤ちゃん用のベビーベッドには使うことができません。

今回は上記で説明した、赤ちゃんのベビーベッドに取り付けるタイプのベッドガードについて紹介していきますね。

ベッドガードはいつから使える?

 (112235)

幼児用ベッドガード認定基準及び基準確認方法に記載されている使用年齢では
使用年齢範囲は生後18か月から60か月までであること。
と定められています。安全に配慮してセッティングするベッドガードですが、海外では小さい赤ちゃんの窒息などの事故も確認されているそうです。必ず対象年齢を守って使うようにしましょう。

赤ちゃんのためにベッドガードは必ず必要?

 (112237)

ベッドガードは安全のためにも用意したいアイテムではあるのですが、生まれたばかりの赤ちゃんはまだ活発には動けないので、必要ありません。対象年齢の18ヶ月になったころ、寝返りなどでベビーベッドにぶつかることが頻繁になってきたら、購入を検討してみましょう。

また、ベッドガードは必ず必要なアイテムというわけでもなく、タオルやクッションなどで代用しているという方も多くいます。しかし、タオルだと赤ちゃんが動くたびにずれてしまったり、厚さが足りずにクッションとしての役割を果たせなかったということもあるようです。また、見栄え的にもベッドガードの方がいいという考え方もあります。必ず必要ではありませんが、できればあった方が安心ではありますよね。

ベッドガードは2種類!赤ちゃんのことを考えて選ぼう

Free photo: Baby, Boy, Child, Infant, Baby Boy - Free Image on Pixabay - 1266116 (112241)

52 件