小児アレルギー?花粉症じゃないの?子どものアレルギー性鼻炎と花粉症の違いと対処法とは

春になると「小児アレルギー?それとも花粉症?」とママを悩ます鼻水や鼻づまり…こどもの辛そうな姿を見るのは親としてもお辛い事だと思います。でも小さいうちから花粉症になる事は果たしてあるのでしょうか?今回は、小児の花粉症とアレルギー性鼻炎について調べてみました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/09 公開 | 189 view

小児アレルギー?花粉症じゃないの?子どものアレルギー性鼻炎と花粉症の違いと対処法とは

社会問題にもなっている「花粉症」とは?

 (46307)

小児アレルギーとしても問題視されている、時期になるとよく聞く「花粉症」ですが、どうしてこんなにも花粉症に悩まされる人が増えてきたのでしょうか?それは、近年の私たちが住む環境の変化が大きく関わっていたのです。

もちろん花粉は昔から生活する環境の中にあったのですが、今に比べて土が多かった為、花粉が土に吸収されることにより空気中に飛散する量は少なかったそうです。

しかし、近年の急速な都市化によりアスファルト化が進み、土が全体的に減ってきたことで吸収されなくなった花粉が増えてしまったことが、近年の急激な花粉症患者の増加の原因と考えられています。

さらに、車から出る排気ガスや近年の食生活の変化による体質変化なども加わって、花粉症を患う人が増えているようです。

花粉症は「現代病」とも言われており、現代を生きる小さな子供たちにも症状として現れていることは事実です。

花粉症とアレルギー性鼻炎の違いは??

 (46308)

花粉症と似たような症状で知られている「アレルギー性鼻炎」と花粉症は、どんな違いがあるのでしょうか?

花粉症は花粉が原因の「季節性アレルギー鼻炎」

 (46305)

花粉症はその名の通り植物の花粉により、ある特定の季節だけに症状を起こす事を指し、「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼びます。花粉症はアレルギー性鼻炎の一種でもあり、主に、スギやヒノキ、イネ科などの花粉が原因で、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が現れることが多いようです。

花粉が原因となるため、その種類の花粉が飛ばない時期や屋内などであれば、症状は出なくなるのが特徴です。しかしながら、近年の大気汚染や食事の変化による体質の変化により、1年を通して様々な花粉に反応してしまう方も増えてきているようです。
関東の主な花粉原因植物の月別飛散グラフ

関東の主な花粉原因植物の月別飛散グラフ

こちらは、関東エリアで1年間どんな種類の花粉が飛んでいるかをグラフにまとめたものです。これを見ると、年間を通して様々な花粉が飛んでいることが分かります。これらの花粉全てに反応してしまうとなると、1年間ずっと花粉症に悩まされている方もいるという事になります。

アレルギー性鼻炎はアレルゲンが原因の「通年性アレルギー性鼻炎」

 (46309)

花粉症とよく間違えられる症状として有名なのが「通年性アレルギー性鼻炎」です。これは、原因となる物質がハウスダストやカビ、ペットの毛などで、花粉以外の物質が原因とされるものを指します。

これらのアレルゲンは1年を通して存在することから「通年性アレルギー性鼻炎」と呼ばれるのです。アレルゲンがある限り症状も年中みられます。症状としては様々なようですが、花粉症との違いとしては、花粉症に良くみられる「目のかゆみ」は、通年性アレルギーでも現れる症状ですが花粉症よりも軽いと言われています。

アレルギー性鼻炎(花粉症)の症状は?

 (47172)

40 件